新テニ テニプリはついにチームシャッフル戦に突入、鬼先輩は味方 感想・レビュー 12

sponsored link

●さも計算通りという感じに語る入江君

前回のあらすじ、どんどんコート番号を上げていく
テニプリ中学生メンバー

鬼先輩を倒さなければ5番コートから
上がる事ができないとう話しでした
それでは、今回もレビューしていきます。

鬼を倒さなければ、上のコートとは対戦できないよ
と語っていた元5番コートのメンバーと
3番コートの入江君、しかし、鬼先輩を倒さなくても
上のコートとの対戦は可能だったようです。

前回の話しでは、鬼先輩がこれいじょうお前たち中学生を
のさばらせはしない、みたいな事をいっていたのに
それをあっさり裏切る、この結果、やっぱりたけし先生は凄い

■どや顔の入江君、言ってたことと違う

これに対しては入江君は

入江
「フフフ・・・・・鬼はこれを待ってたんじゃないかな?」
とさも計算通りに語っていました。

●さも計算通りという感じに語る入江君
●さも計算通りという感じに語る入江君

しかし、前回の話しで彼は、鬼を倒してからおいで
キミ達にそれが出来たらね

と跡部様を挑発していましたよね?入江君
それなのに、この当然です!!みたいな顔はなんなん

このメガネ君もかなりメンタル強い感じがしますね。
でも、内心では

入江

「やばいな、鬼を倒してからおいでとかいったのに
鬼を味方につけてチームシャッフルを挑んできたよ
ここは、さも当然という顔をして、ごまかしておこう」

と思っていたかもしれませんね。
あと、この話は新テニスの王子様でいけば弟28話のレビュー
なんですが、サブタイトルが
「鬼と中学生の不思議な関係」です、サブタイトルもおもしろい

スポンサーリンク

■鬼先輩は味方、チームシャッフルについて

ではここで、チームシャッフルについてご説明しましょう
チームシャッフルは団体戦

そのコートごとに
代表7名を選出し、シングルス3試合、ダブルス2試合
合計5試合行い、勝てば、即全員入れ替えという事らしいです

●鬼先輩のありがたい解説
●鬼先輩のありがたい解説

ちなみに、5番コートのメンバーは
鬼先輩以下

手塚部長
石田銀
橘きっぺい
リリアデント・クラウザ
芥川慈朗
亜久津仁
跡部景吾
千歳千里
切原赤也
木手永四郎

の合計12名です、試合ができるのは7名
試合ができないのは5名です

試合をしていないのに5名も上位コートに上がる可能性がある
というのはシステムとしてどうなのでしょう?

まぁ、それはおいておいて
この12名のメンバーのシングルスとダブルスの
予想をしてみたいと思います。

シングルス候補としては
手塚、鬼、跡部、白石、木手あたりが強キャラとして
シングルスに選ばれる可能性が高そうです。

ダブルス候補としては
全国決勝でダブルスをしていた、千歳と切原は確率が
高そうです。他はちょっと予想がつかないですね。

全体の予想
D2 切原&芥川

芥川君は一見しょぼそうですが、その手首のやわらかさのあるボレーで
樺地君に勝利した実績があります。
笑顔が素敵な慈朗君とデビル赤也君のコンビは
なかなかいいと思います。

D1 千歳&橘

千歳がダブルスにでるとしたら、コンビを組むのは
橘君しかいないでしょう。それだけです。

S3 跡部景吾

人気キャラの跡部様は当然シングルスとなります。
手塚と鬼先輩がいるのでS3という位置ですが、何かを
やってくれると信じています。

S2 手塚国光

確実な一勝をゲットするのは手塚部長です
彼が本気を出したとき、テニス界はかわる

S1 鬼 十次朗

勝てるオーダーを組むんだろ?と亜久津君に言われたときに
あたぼうよ!!と答えた鬼先輩
当然、勝つためにはリーダーの鬼さんがでるしかない

でもそうなると、現状戦力が不明な亜久津君は
補欠という事になってしまいますけどね

と予想をたてておきます。個人的には
ダブルスで久しぶりに、芥川君の活躍がみたいと思っています。

スポンサーリンク