ワンパンマン 【番外編 感想04】フブキvs扇風鬼vsタツマキ

sponsored link

●・・・くらいなさい

前回の番外編のあらすじ

B級フブキ組みの新入り君は
分け前を得ることができなかった

アマイマスクはあいかわらず
偉そうだったが、リリーちゃんはかわいい

■ワンパンマン 番外編 04 フブキvs扇風鬼

徒党を組む事により勢力を伸ばし続けてきた
フブキ組は、ついに災害レベル”鬼”の強敵
扇風鬼との対戦を控える事となる

●強敵扇風鬼
●強敵扇風鬼

だが、量産型黒スーツ軍団では
当然かなうべくもなく
フブキの到着をまつだけの、足止め係とかしていました。

そんな中、ついにフブキが登場します。

フブキ

「あなた達邪魔だからry」

とやる気十分です。

B級のメガネ君曰く、ヒーローの中でも珍しいタイプの力
との事ですから、超能力者はやはりレアリティは高い模様

そんなフブキさまは
ちょっと格好いいポーズを取り

部下の前でちょっと格好いいとこみせたる!!
という表情を見せ、イケガール気取りです。

●・・・くらいなさい
とか言いながら、渋く決めるフブキ様
●・・・くらいなさい

恒例の小石を飛ばすだけの技、”地獄嵐”!!を決めてきます。

モノローグでは

“ヒーローの資質は才能は平等ではなかった”
と記載されていましたので、ここはフブキが
ばしんと決めてくれることでしょう。

ですが・・・
ただ風を起こすだけの技でフブキは部下と共に
飛ばされて、フェードアウトとなりました。

こんだけ格好よく登場して、ポーズも取ったのに
まさか一発だなんて、容赦なさすぎる・・・

相手の扇風鬼(せんぷうき)って文字通り
プロペラを回して、ちょっと出力の高い
風を飛ばすだけじゃん!!

スポンサーリンク

そして、この攻撃でフブキが着けている
高そうなネックレスも同様にフェードアウトとなります。

強怪人が現れたとき、高いネックレスを着けていたら
いつ弾け飛ぶかわからない

だから、フブキはこの一件以降
ネックレスを下げるのを辞めたのでしょう。

■ワンパンマン 番外編 04 タツマキvs扇風鬼 ついでにサイタマも

~タツマキ登場~

やられたフブキの代わりにやってきたのは
俺達のお姉ちゃん事、タツマキです

めっちゃクールな瞳を見せながら

B級のメガネ君を見つめてきました。

●クールなタツマキちゃん
●冷たい瞳のタツマキちゃん

タツマキ
「妹のお友達? B級組の?」と

優しく語り掛けてきましたが
目は笑っていません。

やはりこれは、フブキが倒されたので
“機嫌が悪い”と判断していい模様
この娘、結構”妹”思いなんですね

そんな妹思いのタツマキちゃんは言います

タツマキ
「激しい風を起こすのが得意なのね
なるほど、フブキの出力じゃ相性が悪い奴だわ」と

妹の事をフォローしていました。

そうなんですよね、フブキの基本技は
小石を飛ばす事なんで、それを風で返されたら
負けてしまうのも仕方ないですよね。

これは見事なフォロー!!
きっと、彼女はこう思っていたに違いありません

タツマキ
「まったく、しょうがない妹ね
こんな簡単に負けちゃったら、あなたのファンクラブメンバーが
減っちゃうじゃない

ここは相性の問題だったという事を
メガネ君に教えて、ファン離れを防がないとね」 みたいな感じです
※絶対違います

結局扇風鬼なんですが、タツマキの前にあっさり敗北
タツマキは余裕綽々とばかりに、フブキを連れて、帰宅しました。

でもつめが甘かったようで
怪人はまだ動けていた模様

自己修復をしてメガネ君に向かってきました。

そこに都合よく現れたのは
メガネ君より強い、フブキより強い、扇風鬼より強い
タツマキより強い、サイタマでした。

サイタマは扇風鬼をワンパンKO

メガネ君に熱いヒーロー論を語り
安い野菜を購入するため、スーパーの特売へと向かいました。

スポンサーリンク