ヒロアカ、緑谷vs轟 ネタバレ 感想 第38話+弟39話

sponsored link

轟君のもう一つのちから

選手控え室通路に
無許可で入ってきたエンデヴァーさん
緑谷君は湘北高校と同じ道を歩むのか?

■ヒロアカ 第38話 緑谷vs轟

注目の一戦、緑谷vs轟戦がついにスタート

アイスメン轟はいつものようにワンパターンの
氷結柱で攻撃

これに対して、緑谷は指一本にパワーを集中した
スマッシュで応戦
ファーストタッチは互角の立ち上がりとなりました。

実況

「おオオオ破ったあああ!!」
と周りはかなり盛り上がっています
今までアイスメンの攻撃を防いだ生徒はいませんから

緑谷君の株はここにきて急上昇したと思いますね。

ですが、緑谷君は轟き君の氷を1回防ぐだけで
すさまじく消耗していくので
防げる回数は指の分、10回が限度です。

逆に、轟君の方は、今まで涼しい顔で
氷を連発しているので、まだまだ余裕といった所でしょう。

これは、もう勝負が見えたか?
と思った所、爆豪君がありがたい解説をしてくれました。

●フラグを立てる爆豪君
●フラグを立てる爆豪君

爆豪

「オレや轟だってぽんぽんと強烈な範囲攻撃をできるわけじゃねぇ
筋肉を酷使したり、走り続けリャ疲れる

個性だって身体機能なんだぜ?轟にだって何らかの
“限度”はある

との事でした。

でも、フラグなんて関係ないぜ!!とばかりに
攻め続ける轟君、ちょっと寒さに耐え切れず
震える描写がありましたが

緑谷君よりは全然余裕で
勝利を確信した様子

「悪かったな ありがとう緑谷
おかげで・・・ヤツ(エンデヴァー)の顔が曇った」と

緑谷君そっちのけで、エンデヴァーを見つめていました。

●顔が曇るエンデヴァーさん
●顔が曇るエンデヴァーさん

「なんだ、あのボーズ、オレがわざわざ
激励してやったのに、全然、焦凍についてこれていない
オレの見込み違いだったわ」と

思っていたに違いありません。
勝手に選手控え室近くまで無断で入ってきて

緑谷君にプレッシャーかけてきたのに
随分かってなおっちゃんだなと、僕は思いましたね。

スポンサーリンク

まぁ、エンデヴァーさんはおいといて
自分を見ていない轟に、緑谷君はオコモードに入ります。

緑谷

「どこを見ているんだ!!
全力でこいよ、僕はまだ、キミから傷一つ
つけられていないよ

みんな本気で戦ってる、半分の力だけで勝つなんて
舐めた真似をするな」と

追い込まれているのは自分なのに
轟君を挑発しはじめました。

今まで緑谷君って、誰かに何かを”強く言い返す”
ことはなかったので
このシーンは結構印象に残りましたね。

普段とは違う、緑谷君を描く事で
この試合をドラマチックに描こうと言う
堀越先生の意思を感じますね。

■ヒロアカ 第39話 緑谷vs轟 ~続き~

緑谷vs轟の試合は続きます。
緑谷君に比べて、まだ余裕のある轟君ですが

少しだけ動きが鈍くなってきました。

爆豪君がいうには

「轟の能力はゲームのMPみたいなもの
使用回数には制限がある」とのこと

そんな轟君の様子をみてか
緑谷君にも気合が入ります。

緑谷

「期待に応えたいんだ、カッコイイヒーローになりたいんだ
だから全力でやっている、全力も出さないで一番になって
完全否定なんて ふざけるな」と

煽りに煽ります。

緑谷君、自分のキャラクター勘違いしちゃったの?
というぐらい、キャラが違います。

そんな、熱い緑谷君の思いに呼応してか
轟君の回想シーンがスタート

轟母
「でも ヒーローにはなりたいんでしょう?
いいのよ おまえは”ち”に囚われることなんかない
なりたい自分になっていいんだよ」

という母の言葉を思い出し
父親からの”ち”である力、”燃”の力を使い始めます。

●轟君のもう一つのちから”燃”
轟君のもう一つのちから

“燃”の力を持って、自身の温度調整を行う轟
これで、氷の使いすぎによる、寒さの震えをカバー

緑谷君よりも、さらに一歩有利となります。

スポンサーリンク