ヒロアカ、轟vs緑谷戦決着 騒ぐエンデヴァー ネタバレ 感想 第40話

sponsored link

●試合場を跡にする轟君

前回のあらすじ

轟の氷の力は
RPGのMPみたいな物だった

緑谷君は自分のキャラを間違えてまで
轟君を煽りまくった

■ヒロアカ 第40話 轟vs緑谷 決着

ついに真の力を解放した”轟 焦凍”

この様子を見ていたエンデヴァーさんは
一人で勝手に盛り上がります。

●盛り上がるエンデヴァーさん
●盛り上がるエンデヴァーさん

「焦凍ォオオオ!!!
やっと己を受け入れたか!!
そうだ!!良いぞ

ここからがお前の始まり
オレの”ち”を持って俺を超えていけぇ」

とめちゃくちゃテンションを上げてきました。

この様子には周りのプロヒーロー達もドン引き

プロヒーロー達

なんだこのおっさん、40代にもなって
恥ずかしいな・・・もう少し空気読めよ
とか思ったに違いありません。

もし、エンデヴァーさんが名も無い
一般人だとしたら

会場から強制退出を命じられても
文句は言えません。

これが許されているのは、彼がNO2ヒーローであり
権力者であるから、周りが静かにしているだけです

きっと、今まで誰もエンデヴァーさんを
止めてくれる人がいなかったので

こんな、唯我独尊の性格を40代まで
貫き通す事ができたのでしょう。

そんな親の自己主張を無視して
轟君は戦いを続けます。

●完全にダイの大冒険のキャラクターになった轟
●完全にダイの大冒険

左は”氷”、右は”燃”を使い
完全にフレイザードとかした轟

散々冷やされた空気に”燃”の力をぶつけ
圧倒的膨張の破壊力を見せます。

この力で緑谷君は場外
轟君の準決勝進出が決定しました。

試合終了後、今まで静かだった観客が
話し始めます。

スポンサーリンク

観客

「緑谷のヤツ 煽っといてやられちまったよ・・・
あいつただ挑発してただけじゃね?
騎馬戦までは面白いヤツだと思ったんだがなぁ」と

結構辛らつな評価をぶつけてきましたね。

まぁ、秦から見たら

氷の力だけでも対応しきれてないのに
全力を出せよ、右の力はただの飾りなのか!!
みたいな事をわめいていたので

当然と言えば、当然の評価だと思います。

■ヒロアカ 第40話 勝手に盛り上がるエンデヴァー

試合終了後、選手控え室に戻る選手に
またも接触してきたエンデヴァー

なんか一人で勝手に勘違いして
轟君に話しかけます。

「燃の操作・・・まだまだ危なっかしいが
子供じみた駄々をすててようやくお前は
オレの上位互換になった

卒業後は俺のとこにこい、面倒見るぜ」と

テンションを上げます。

まるで、オレとの確執はもうないよな?
という感じのフレンドリー対応です。

ですが、轟き君は父親の為ではなく
ヒーローになりたかった自分を思い出して
全力を持って”燃”の力を使っただけです。

今まで嫌っていた父親に
こんなフレンドリーに話しかけられても
そりゃあ、納得できるわけがありません

「そんな簡単に(確執は)捨てられネェ
だけど、緑谷に触れ、一瞬だけ
あんたの存在忘れてた」と

一言親に釘をさし、その場を後にしました。

●試合場を跡にする轟君
その瞳は何を見つめているのか?
●試合場を跡にする轟君

何はともあれ、これで轟君は
ほぼ”完全体”となりました。

氷の力だけでも優勝候補筆頭だったのに
自身の震えを制御し、強烈な範囲攻撃を持った
“燃”も使える彼は、ほぼ無敵と言えるでしょう。

スポンサーリンク