ヒロアカ、ワンフォーオールとは? 轟vs飯田”他” ネタバレ 感想 第41話

前回のあらすじ

轟くんの気持ちを考えず
勝手に騒ぎ捲くるNo2ヒーローのおっさん

フレイザードとかした焦凍は
現時点で最強の1年生

■ヒロアカ 第41話 ナチュラルボーンヒーロー

vs轟戦終了後
オールマイトと談笑する緑谷君
こんな会話をしていました。

緑谷

「今回・・・僕は本気で全力でたたかってきた
そして、皆も譲れない強い思いがあるのを肌で感じました。

それで、オールマイトの後継になるべき人間が
他にいるんじゃないかって思ったんです」

オールマイト

「ワンフォーオールは力の結晶
“個性”あるもの
例えば轟少年が引きつけば、半冷半熱の上に
 超パワーを持った、スーパーヒーローになるだろう

との事です。

●オールマイトさんの解説
●オールマイトさんの解説

でも、オールマイトさん
昔あなた、ワンフォーオールを受け継ぐ事ができるのは
ナチュラルボーンヒーローだけ

っていってませんでした?
僕はあの説明を聞いたとき

個性を持ってない人間だけがワンフォーオールを受け継げる
だから、”無個性”の緑谷君は天才だった!!
という風に思ったんですが?

あれはなんだったのでしょうか・・・

それに関しては、オールマイトさんが続けて
説明してくれました。

話しによると

オールマイトさんも”無個性”だった
だから、”無個性”である、緑谷君の事が気になった
個性が無い人間だからこそ、導き出せる物があるんだ

とのことです。

彼が言っていた、ナチュラルボーンヒーローというのは
心意気みたいな物だったということですね。

スポンサーリンク

■ヒロアカ 第41話 轟vs飯田 “他”

僕が密かに期待していた塩崎vs飯田戦と
芦戸vs常闇戦が終了して、ベスト8 第4試合

切島vs爆豪戦がスタート
順当どおりに爆豪君が勝利して
ベスト4が出揃いました。

●メインクラスと思われたが、あっさりおわった
切爆ペア
切爆ペア

ベスト4は、轟、飯田、常闇、爆豪君の4人
全員がヒーロー科1年A組です。

僕の予想としては、準決勝に一人だけ
1年B組の塩崎がまじり
B組の格を保ってくると思っていました。

そして、轟vs塩崎になり
俺達の物間君が解説役を引き受けてくれると
期待していたのに・・・

物間

「フレイザード君、キミはたしかに強い
だが、塩崎はキミに唯一勝つ可能性がある女なのさ
彼女の棘には次の段階がある

本気になった彼女を止められるかな? フフッ」

とかフラグをたてておきながら
最終的に轟君の”かませ”になっちゃう
塩崎と驚く物間君がみたかったのに!!

結局A組onlyですよ!!

そんなA組フェスティバルの
ベスト4 第1試合 飯田vs轟戦がスタート

飯田君は騎馬戦の時に見せた
10秒キープの動き
レシプロバーストを使い

速攻で場外へ投げ飛ばして勝利を収める
作戦にでます。

でも、轟を掴んでしまったら
氷の力を使い、凍らされて
勝負が決まってしまうのではないでしょうか?

案の定、氷の力を使った轟君は
飯田君の足のヒーローパーツである排気筒を封印

さらには、全身の動きを止め
飯田君を封さつ

●氷にはこういう使い方もあるんだよっ
●氷にはこういう使い方もある


「範囲攻撃ばかり、見せてきたから
小細工が頭から抜けてただろ」

オレは氷をぶっぱするだけのワンパターン野郎じゃない
 こういう小技も得意なのさ!!

どや顔を見せます。

そういえば、この技は
ヒーローチームvsヴィランチームの実習の時

尾白君と葉隠ちゃんペアに見せた技じゃありませんか?
飯田君も、あの試合は見ていたはずなのに
ちょっとうかつだったかもしれませんね。

“燃”を使わずして、見事な勝利を収めた
轟君が、決勝進出を決めました。

スポンサーリンク