ヒロアカ、体育祭決勝前の二人”他” ネタバレ 感想 第42話

前回のあらすじ
ワンフォーオールは
“無個性”じゃなくても引き継げた模様

飯田君は大技のレシプロバーストを
繰り出したが、轟君の小技に
やられてしまった。

■ヒロアカ 第42話 常闇vs爆豪 決着は早かった

ついに始まった準決勝第二試合

爆豪vs常闇

ここまで、1回戦、2回戦とほとんど
描かれる事の無かった、常闇君の戦いが始まります。

解説

「常闇はここまで無敵に近い”個性”で勝ちあがってきたが
今回は防戦一辺倒!!」とのことです。

ほとんど、というか
試合描写が気づかないレベルだったので
その無敵の描写が非常に気になりますね。

描かれることなく、常闇に敗北した人の会
八百万&芦戸ペアも悲しいですが
常闇君も存在がダークシャドウだったと思います。

そんなダークシャドウで
爆豪君に攻撃するわけなんですが
ここぞとばかりに勝己は新技を披露!!

閃光弾(スタングレネード)

ドラゴンボールの太陽拳+煙幕といった感じの技です。
ダメージ系の技ではないですが、光が苦手な
常闇君のダークシャドウには効果てき面

本来の力の半分も出せないまま
敗北となります。

これで決勝はヒーロー科1年A組のエース対決
爆豪vs轟に決定しました。

そして、今回気になるコマはこちら

●試合を観戦していた瀬呂&上鳴
●試合を観戦していた瀬呂&上鳴

これを見ると、

上鳴君が

「彼も無敵ではないということか」キラッ

という感じで、クールキャラっぽく語っています。
キミそういうキャラじゃないでしょ!!

まぁ、ここの吹き出しが”葉隠”ちゃんの可能性も
少しだけありますが

彼女の場合でも違和感がありますね。

~そして選手控え室~

スポンサーリンク

■ヒロアカ 第42話 決勝前の二人

轟君は準決勝で戦った飯田君の事をすっかり忘れて
準々決勝で戦った緑谷君の事を気にかけていました。

そんな所へやってきた爆豪君

●控え室を間違えた爆豪君
●控え室を間違えた爆豪君

「あれ!?何でてめぇがここに・・・控え室・・・
あ ここ2の方かクソが!!!」と

一人で寸劇を繰り広げます。
これを完全スルーの轟君

かまってくれないとイライラしちゃう爆豪君は
勝手に不機嫌になりました。

爆豪
「部屋間違えたのは俺だけど
決勝闘う相手にもう少しなんかあってもいいんじゃないか
オイオイオイ」と悪態を付きます。

でも逆のパターンが起きた場合
爆豪君はどういう態度を取るでしょうか?

多分

爆豪
「なんだお前か、お前の控え室あっちだぜ
試合前にオレの邪魔するんじゃねぇよ クソが」

っていう感じの態度ですよね?

スルーよりも、悪い態度を取るのが目に浮かびます。
というより、話しかけると面倒くさい手合いですから

轟君は何も言わなかったんじゃないでしょうか?

相手が緑谷君とか飯田君だったら
彼も少しは話しかけてくれたのかもしれません。

自分の事は棚に上げて、挑発する爆豪

「どこ見てんだよ 半分野郎が
てめぇの事情や気持ちなんかどうでもいいから
オレにも、”燃”の方を使って来い

てめぇの全てを超えてオレが勝つぜ」

と、言いたい放題入って、自分の控え室に戻りました

そして、次回、決勝戦 轟vs爆豪がスタートします。

~今回気になったコマその2~

解説キャラクターが板についた物間君
B組のメインヒロインとも言える
拳藤ちゃんとイチャイチャしてました!!

●頭を気安くぽんぽんたたく券藤
●頭を気安くぽんぽんたたく券藤

このコマはもちろん、作中では全然重要じゃない
スルーされてもいいようなコマなんですが

なんか印象に残るんですよね
明るそうな券藤ちゃんと、ねちっこい物間君
という正反対キャラのカップリングだからでしょうか?

上鳴&耳朗ちゃんのペアよりも
今後の展開が気になります。

スポンサーリンク