僕のヒーローアカデミア ネタバレ・感想 第46、弟47話

前回のあらすじ
コマの演出上、心操君が

まるでB組の一員であるかのように
描かれていた

轟君のお姉さん(冬美)は
はまる人には、はまる

■僕のヒーローアカデミア 第46話 感想 事務所からのオファー

46話は職場体験に行こう!という事で
峰田君がはりきります!!

峰田
「オイラはMtレディ」

まるで、僕はオリーブオイル!!みたいなノリで
職場体験の行き先を決めていました。

でも、チョコボールボーイ?は
確か、八百万ちゃん派だったのではないでしょうか?

体育祭の時、自分には反発しない
チョコボールを使って

八百万ちゃんにひっついて
一石二鳥だぜウェーイとかやってたのに

まさかのMtレディ派だったなんて・・・
この発言に八百万ちゃんが嫉妬してたら
おもしろかったのですが

別に、そんなことはなかったぜ
とばかりに、百ちゃんは完全スルーを決め込みます
というよりも、コマにも出てきていません。

ちなみに、職場体験は一週間で
指名された者は個別のリストからの選択

指名がなかった者は、あらかじめ雄英高校が
選出してくれた、全国の受け入れ可事務所40件から
選ぶというルールでした。

今週末までに提出ということで
期限は2日!!

●手紙を見つめる轟君
●手紙を見つめる轟君

轟君は自分にオファーがあった
手紙を見つめて、こう思ったに違いありません

2日っていわれても、オレの指名4000件以上だから
そんなすぐに選べるわけないよ、相澤先生」と

最もな感想を思い描いた事でしょう。

それから
指名がないと思われていた緑谷君ですが
実は1件指名があり

元雄英教師で、オールマイトの師範という
“グラントリノ”という方が
緑谷君を所望しているらしいです。

緑谷

「そんな偉い人が僕を指名してくれたなんてうれしい」
というノリで

新幹線で45分かけ
“かなりぼろい”
ヒーロー事務所にやってきました

だが、そこにいたのは緑谷君の事を
“俊則”と勘違いしちゃう、ぼけたおじいさん?おばあさん?で

こりゃ、ちょっと電話連絡して
事務所変えてもらうしかないな、と
オールマイトに連絡しようとする緑谷君

さすがにこれには、グラントリノも敏感になり

撃ってきなさいよ!
ワン・フォー・オールと

緑谷君(俊則)の力を試しにきました。

●本日の気になる一こま
●本日の気になる一こま

雄英高校ヒーロー科の面々は
当然、職場体験にヒーロースーツを
持っていく事になったんですが

スポンサーリンク

葉隠れちゃんの
ヒーロースーツって
いったいどうなっているのでしょうか?

彼女は終始透明ですから
容姿やスーツがわからないんですよね

一体、いつ彼女の本当の姿が判明するのか
僕は急に気になりはじめました。

■僕のヒーローアカデミア 第47話 感想 緑谷君のNEWスーツ

かなり前に、ヒーロー達に捕まった
“脳無”という2つの個性を持った怪人がいたんですが

彼の身体機能は相当低下してしまったとの事です。

これは個性を複数個与えられた弊害であり
恐らく・・・”個性を”を与える”個性”がいる
そいつが”脳無”に譲渡したんだ!!、と

刑事が語っていました。

今後はオールマイトに近いなにか!!という
存在が現れる可能性がでてきました。

~一方その頃~

まぁ、それはおいといて
緑谷君とグラントリノのトレーニングが開始されます。

ちなみに、緑谷君のスーツですが

修繕にあたり、サポート会社の独断で
材質やデザインに

少々の変更を加えたらしく
ちょっと格好いいものになっていました。

まぁ、ぱっとみでどこが変わったのか
すぐにはわからなかったのですが

多分肘と、足のサポーターが増えたところが
変更点と思われます。

●緑谷君のNEWスーツ(一部)
●緑谷君のNEWスーツ(一部)

NEWスーツを着た緑谷君は
前回、かなりぼけていた
“グラントリノ”を心配し

緑谷

「本気でいっちゃっても大丈夫なんですか?
グラントリノさんのお体が心配なんですけど?」と

気を使います。

でも、グラントリノさんはかなりお年とはいえ
漫画のお年よりキャラは強キャラが多いので
心配は無用ですよ。多分

そんな、強キャラのグラントリノさんは
万全の緑谷君をおいつめました。

そして、グラントリノとの闘いによって
何かを思いたった緑谷君

フラットにワン・フォー・オールを考えるんだ!!
とか言い出して、練習方法を思いついた様子

一体、その練習方法とは何なのか?

それから、グラントリノさんが語っていた
“俊典”(としのり)なんですが

緑谷君ではなくオールマイトの本名だったようです

そういえば、ヒーロー名は本名ではなく
ヒーロー名で呼ばれるが普通らしいので

呼ばれるヒーローネームは
かなり吟味しないといけないという事なんですね。

スポンサーリンク