ワンパンマンのタツマキがかわいいし強い、アニメの声優さんもいいね

sponsored link

ちやほやしてあげよう

ワンパンマンの中でも
フブキと”タメ”を張るくらいの

人気キャラクター、タツマキちゃん
かわいくて強い、彼女について
語っていきたいと思います。

■漫画版のタツマキちゃんはかわいい

タツマキの初登場は
S級のヒーロー集会の時です。

初登場時にはサイタマに対して
言いたい放題で

タツマキ
「呼ばれても普通来るかしら?どういう神経してんの
不愉快 消えて」と

“ツン”を見せてきました
すでにかわいい

そんなタツマキは
同じS級ヒーローの超合金クロビカリから
目を付けられているようで

事あるごとに、”タツマキちゃん すごいぞ”
みたいな感じでプッシュしていました。

彼女の”ツン”で子供扱いされるのを嫌う
性格を考えれば

タツマキ

「”ちゃん付け”で呼ぶんじゃないわよ、筋肉ダルマ
馴れ馴れしいのよ、不愉快 消えて」
とか言ってもいいのに

この件に関しては完全スルーでした。

クロビカリは2度もタツマキを”ちゃん付け”
呼んでいます。

●馴れ馴れしいクロビカリとタツマキ
クロビカリとかわいいタツマキ

孤高を自称している割に
ちやほやされるのは悪い気がしないらしく

自分をお姫様扱いしてくれる分には
特にかまわない

もっと私をプッシュしなさいよねっ♪
とかいう感じなのでしょうか
そういう所がいいんですよね

現に、無視されるのは耐え難いようで

サイタマにスルーされた時は
急に不機嫌になり

タツマキ
「アンタなんかいなくても
私一人で十分だったんだから

ハゲ!タコ!ゆでたまご!
電球!アボカド!間抜け顔!

と28歳とは思えない
かわいい反論をしてきました。

●タツマキちゃんはちやほやしてあげよう
ちやほやしてあげよう

注目されていなければ、気に入らない
タツマキちゃん

そんな彼女は魅力一杯です。

スポンサーリンク

■タツマキの強さについて

かわいいだけじゃないタツマキは
実際の戦いでも奮迅の活躍を見せます。

タンクトップ力という謎の力を使い
巨石を持ち上げようとした
タンマスをさえぎって

さらに巨大な大地を
持ち上げたり

●デフォルメ顔でかわいくて強いタツマキ
●デフォルメ顔でかわいくて

ボロスの宇宙船から放たれた
未知の砲弾を弾き返したり

その超能力の出力限界は
未知数といった所です。

少なくとも宇宙一の念動力使いを自称していた
ゲリュガンシュプとは”格”が違うといった
所でしょう。

原作版の怪人協会編で
彼女が本来の力で”ガロウ”と戦えていたら

勝てないまでも、かなりいい勝負になったと
思います。

※実際にタツマキは力半分以下の状態で
覚醒に近いガロウを多少足止めできていました。

■アニメ版のかわいいタツマキ、声もいい

アニメ化されたワンパンマン
OPで、やけに目立っていた”タツマキ”ちゃんは

ついに、弟10話で登場します。

アニメ版のオリジナルキャラクター”古代王”は
深海王、地底王がいない地球を
我が物にせんと、地上にやってきました。

そんな”変なの”を倒すために
派遣されたタツマキはあいかわらず
結構な不満顔でした

●”フンッ”と不満顔でかわいいタツマキ
フンッと不満顔

そして、ヒーロー協会から
緊急連絡電話を受けるんですが

タツマキ

「もしもし?何?戻れって何よ
変なのが目覚めるからって、私を派遣したのはそっちでしょ
ええ、今からはじめるとこぉ」と

原作と同じようなキャラクターを見せます

タツマキvs古代王

多分”災害レベル”鬼上位クラスの手合い
“古代王”と対峙するタツマキ

相手が恐竜族?ということで

宇宙から”隕石”を持ってきて
一瞬でケリを付けてしまいました。

●宇宙から隕石を呼び寄せるタツマキ
●宇宙から隕石を呼び寄せるタツマキ

この描写でタツマキの強さを見せつけ
彼女の超能力が”宇宙クラス”である事を証明

“隕石”を使った描写だったのは
前に地球に来た巨大隕石はタツマキだったら
何とかできるよ

という意味も含まれていたとも思います。

アニメ版のタツマキの活躍から
目が離せませんね。

それから、アニメの声優さんの声もかわいくて
小生意気でかつ子供っぽい感じがよく出ています。

僕はこのキャスティングであっていると
思いました。

●声優さんの情報

タツマキの声優さんは悠木 碧(ゆうき あおい)さん
1992年3月27日 身長145cmの女性だそうです

という事は、年齢はフブキに近く
背格好はタツマキに近いという事なんですね。

スポンサーリンク