幽遊白書、序盤の霊体編を振り返る 【感想01】

sponsored link

●最初から魂がきれいな浦飯君

改めて読み返してみたら
序盤の霊体編も
そこそこ面白かった幽遊白書

振り返って、感想を
述べていきます

■雪村螢子の二人の友達

まず、すっかり忘れていたのですが
螢子には二人の友達がいました

ヒロイン役がぼっちだと
格好がつかないので

ヒロインの交友の多さを
アピールし

なおかつ、引き立て役になるという
重要なポジションです

おかっぱ頭のメガネの子が”夏子”
そして、背の高いツインテールもどきが
・・・名前はありません

後半の螢子は”ぼたん”や”ちづる”さん
それから”ゆきな”ちゃんと
つるむ事が多くなったので

二人の友達はなかったことに
された感じになっちゃいましたね。

●後半は空気の”夏子”とお友達B
●後半は空気の夏子とお友達B

■初期の頃から浦飯ってそんなに悪い子じゃなかった

序盤の浦飯の設定ですが
初期は”悪の申し子”みたいに言われてましたよね

でも、小さな男の子をとっさの判断で助けたときには
安心したような顔をしていましたし

他にも正太君とか、松尾君という少年達を助けたり
極悪人どころか、ちょっとつっぱっただけの

優しい少年でした。

●最初から魂がきれいな浦飯君
●最初から魂がきれいな浦飯君

なんでこんな根のいい男を、岩本とかいう先生は
あんなに目の敵にしていたのでしょうか?

というよりも、僕からみたら
浦飯なんかよりも岩本の方がよっぽど極悪人です

最初は、もう心配ないぞお前ら
とか言い出して、浦飯にからまれていた
二人の少年達を救った風でしたので

まだ許されたのですが
弟3巻のボールペン編では

言い逃れができないほどの
失態をしていますからね、この男は

スポンサーリンク

■序盤の螢子がかわいい

幽白は後半になればなるほど
“ぼたん”がかわいくなるんですが

序盤のヒロインはなんと言っても
螢子だと思うんですよ。

特に髪を下ろしたときのかわいさは
相当な物でした。

●参考画像、序盤の螢子
●参考画像、序盤の螢子

扉絵でもやけに螢子が目立っていましたし
序盤の構想では、ぼたんと螢子を

2大ヒロインとして、浦飯との関係を
描いていくっていう話だったと思うんですよ

それが、なぜ後半にいくほど
螢子は失速してしまったのか・・・
そこが、少し残念ですね。

■弟2巻の時点でバトル要素があった?

幽白と言えば、弟3巻の
霊界探偵編からバトル要素が増えだした事で
有名ですが

実は序盤の霊体編からバトルシーンの片鱗がありました

“さやか”ちゃんっていう
御嬢様を気取っていた、おませな少女がいたんですが

彼女は正太君の霊体を引きずり出して
一緒に遊んでいたわけなんですが

それだと、正太の本体が持たないという事で
浦飯が出張ったんですよ

そんな邪魔する浦飯が気に入らない”さやか”ちゃんは
念というかそういう力を使って
浦飯を倒しているんですよね。

●参考画像、念の力を解放する”さやか”
念の力を解放するさやか

このシーンでは

ぼたん

「霊魂の力関係ってのは腕っ節じゃなくて
“念”の強さだからね、心の中の思いが
力の源となるんだ」

という風に語っていました。

多分この時から、幽白は
“霊”に関するバトル漫画にする
構想があったんだと思います。

その名残が”霊力”という力なのではないでしょうか?

それに、念や思いの力という構想は
ハンターハンターにも受け継がれているようです

スポンサーリンク