幽遊白書、雪菜ちゃんがかわいい、戸愚呂兄弟が登場 【感想04】

“たるかね”編で初めて登場した
女性妖怪の”雪菜”

桑原が一目ぼれした彼女
についてレビューします。

それから、序盤の戸愚呂は
随分雰囲気が違うのでそこもつっこみます。

■雪菜ちゃんがかわいい

朱雀を倒し、一息ついた
浦飯達、しかしコエンマは間髪入れずに
次の任務を指定してきた

任務は妖怪の少女(雪菜)を救出する事!!
なんですけど、なんでコエンマって
雪菜を救出する事を浦飯達に依頼したんですかね?

今までの依頼は
盗まれた宝を取り返すだの
人間界に害を与える妖怪を倒す

という話しだったので、霊界の任務として
納得できるんですが

今回はどうも府に落ちません。
何しろ敵は”人間”ですからね!!

これに関しては最後まで、作中で
明かされることってなかったですよね?多分

まぁ、それはおいといて
雪菜ちゃんがかわいい

という事が今回のメインテーマです。

●大人しそうで儚げな感じのする
美少女の雪菜ちゃん
美少女の雪菜ちゃん

3分の2ページも使って
この女の子を紹介してきました。

妖怪の男は異型っぽいのも多かったんですが
妖怪の女性は、手堅い感じできましたね

富樫先生
「さーて、そろそろてこいれで
儚げな美少女を追加しておくかな」

という事なのでしょう。

桑原も彼女を一目見て気に入ったようで

ほれた・・・と呟いて
雪菜親衛隊になることを決意しました。

※この後のコマで雪女命という
ハチマキを桑原はつけていましたからね
もうゾッコンですよ。

そんな雪菜ちゃんは
“たるかね”とかいう、妖怪っぽい一般人に
捕まっていて、その涙を取られていました。

雪女の一族の涙は”ひるい石”という
宝石になり

一粒数億円で取引されているくらい
市場価値が高いという設定で

2匹の焼き鳥と引き換えに
たるかねは”ひるい石”をゲットしていました。

もし、ここで桑原がしゃしゃり出ていたら

桑原

「雪菜さん、涙の宝石よりも
あなたの方がずっと美しいです」

とか、くさいセリフを言ってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

■戸愚呂兄弟 登場

“たるかね”編では雪菜の次に目立った男達
それが戸愚呂兄弟です。

●初登場の兄弟
●初登場の兄弟

気になる点ですが
とぐろ兄!!

武術会編の兄と比べて
あなただれですか?というくらい容姿が違います。
この人、最初はこんなんだったんですね。

容姿もそうですが、背丈も小さすぎます

弟の方は一貫してぶれておらず
と思ったのですが、通常時が”細い”!!

●タンクトップブラックホールをリスペクトする
戸愚呂(弟)
タンクトップブラックホールをリスペクト

腰周りが頭1.5倍くらいじゃありませんか?
いくら0%状態とは言え

こんな細いとか”ボス”としての威厳が
まったくありません!!

まぁ、筋肉操作をするという設定だったので
細い身の丈から、急にムキムキになるのが
インパクトあるやん?

という事で、細めに描いていた可能性も
ありますし

もしかしたら、暗黒武術会の時の”弟”は
常時10%くらいの状態をキープしていた
可能性もあります。

真実は富樫先生しか知らないと言う事ですね。

そんな弟も仙水と同じく
動物好きという設定があり

ヘレンちゃんという愛くるしくない
動物?を倒すように”たるかね”に言われたときは
心を痛めていました。

戸愚呂(弟)

こう見えても結構、動物好きなんですよ
と語る”弟”

でも、忘れてはいけません
彼は”兄”が捕獲した”鳥”を食べてしまった事を・・・

もちろん、僕らも”鳥のから揚げ”を食べたり
ササミカツを食べたりしますよ

でも、鳥を容赦なくしとめて
そのまま食べちゃうのは、どう考えても違います!!

動物好きの片鱗がなかった
戸愚呂弟、彼の発言はどこまで本当なのか
まったくわからなくなりました。

ただ、彼が”オレンジジュース”好きであるということは
まぎれもない真実だと思っています。

スポンサーリンク