幽遊白書、裏おとぎチームのしし若丸が目立っていた 【感想07】

sponsored link

ししわかまる

ついに、準決勝戦を迎える浦飯チーム
その対戦相手は、桑原からみて
全然妖気を感じない裏おとぎチームです。

そんな彼らの戦いを振り返っていきましょう。

■VS 裏おとぎチーム

試合開始の時点で
3vs5と人数の上では圧倒的に有利だった
裏おとぎチーム

でも、油断はできません
浦飯チームは2vs5で魔将使いチームに
勝ちそうでした。

ぶっちゃけ、浦飯チームは
他の妖怪チームよりも1ランク以上
格上ですからね。

そして、試合が始まるわけなんですが

しし若丸の余興で
名前を書いたサイコロを振り
出た目の選手が戦うというルールとなりました。

●態々小細工を持ってきたしし若丸
●態々小細工を持ってきたしし若丸です

公平を期すために
サイコロは審判の
樹里あたりがふればいいのですが

なぜか終始、 しし若丸サイドが
サイコロを振っていましたね。

わざわざ用意してきたものなのだから
細工があるにきまっています

現に、ししわかまるは、魔金太郎と
黒桃太郎が倒されたときに

しし若丸
計算通りだ!

「フフフ サイコロの偶然とは不思議なものだな
全てこちらの都合のいいように目が出る

前の二人はいわば捨石
これで飛影はもう戦えない

裏浦島は蔵馬を倒すのにはうってつけだしな

みたいな事を言っていました。
でも、考えても見たら

君は魔金太郎が一瞬で倒されたときに
何でだ!!こんなあっさりやられるなんて!!
みたいに驚いた顔をしていましたし

怨爺さんだって、黒桃太郎が
炎さつ拳を吸収しきった時、お前は勝てる!!
とか言ってませんでしたか

全然計算通りじゃありません

スポンサーリンク

さらに、裏浦島は蔵馬を倒せる みたいに言ってたのに
ししわかまるが自ら裏浦島を倒しちゃってるんですが・・・

もう駄目だこの人ら
言ってる事と結果が全然かみあっていません

ししわかまる

「さぁ 試合を続けようか
人数も3対2 おもしろくなってきた」

とか言い出しましたが
3対5で始まった試合が3対2になっただけですからね

5-5からの試合がおもしろくなってきたぜ!!
みたいに言うのは辞めていただきたいものです

後、裏浦島戦の蔵馬の回想シーンがあったのですが
このコマが気になります。

●回想シーンのコマ
●回想シーンのコマ

この右下にいるのって蔵馬ですよね?
完全にただの美少女じゃないですか!!

彼は子供の頃は
間違いなく女の子と勘違いされていたと
思われます。

■しし若丸のファン達

すべての発言がすべっている
しし若丸ですが、彼が試合に出る事になって

急に、男性客や女性客が
騒ぎ出しました!!

男性客
「ししわかー 一矢を報いろー!!」

女性客
「キャー 若様がんばってー
浦飯チームなんかやっちゃってちょうだーい」

とテンションを上げまくりです。

でも考えても見てください

彼らは魔将使いチームの4人が
倒されたときは

何てざまだついに1vs1になっちまった
2vs5だったってのによぉー

とか言ってませんでした?

この試合だって3vs5だった試合が
すでに2vs3です。


何てざまだぁー3vs5だった試合が
3vs2になっちまった

お前ら口だけかぁー!!
ししわかぁー

さっきから計算通りだ だの
おもしろくなった だの
言ってるけど、見てるこっちは全然おもしろくねぇぜ」

とか言われてもいいはずなのに
男女共に、なぜ彼に対してこんなに甘いのでしょーか
これがしし若丸の人気

ってやつなの?

後、暗黒武術会は初戦からここまで
女性客はぼたんやけいこ等の
浦飯チームご一行様だけじゃありませんでしたか?

なんで急にいままで居ましたよ?
みたいな感じで女性妖怪が出てくるの?

そんなお客さんがいるなら
1回戦からもう少しコマにうつってても
いいんじゃないか? 僕はそう思いました

ちなみに、僕観点では
この犬耳妖怪の女性がお気に入りです。

●蔵馬派でもある女性妖怪
●蔵馬派でもある女性妖怪

一途っぽい見た目なのに
複数の男妖怪に心うつりしている所が
逆にかわいい

最後にこの試合でつっこみたい事ができたので
ご紹介します。

それは飛影さんです!!
彼は六遊怪チーム戦の時に

飛影
「ふざけたやつらの事だ、順番もジャンケンで
決めたんだろうぜ」

とか言ってたのに
vs裏おとぎチーム戦の時は

飛影
「ジャンケン?なんだそれは」

と言い出しました

リンクがおいら達はレギュラーをじゃんけんで決めたよ
とか言ったので

とりあえずジャンケンだ!!
みたいなノリで使っただけだったのでしょう

意外と飛影ってノリがいいですね。

スポンサーリンク