ドラベースのシロエもんの魔球が強すぎる件

ドラエもんのキャラクター達が野球をする
噂の漫画ドラベースのキャラクターである
シロえもんを紹介します。

スポンサーリンク

■シロえもんとは

ドラえもん野球漫画であるドラベースに出てくる
白色の猫型ロボットです

イメージ的には昔ドラエもんに登場していた
ドラエモンズとかいう

人気だったのか不人気だったのか
よく分からないドラエもん集団にいるような

白色の猫型ロボットです

昔は野球が下手で、テストの点も悪いという
駄目な猫型ロボットだったようですが
トレーニングを積み重ねる事により野球の実力をあげ

自分を中心としたチーム荒川ホワイターズという
草野球チームを作り

草野球の頂点を目指すほどまで
強くなったというキャラクターです

ちなみにこの漫画
ロボットでもトレーニングする事により
野球の実力が上がったり

トレーニングを酷使しすぎると肩が壊れるという
謎設定があります。

シロえもんは作中WW(ワンダーホワイト)ボールという
アンダースローから繰り出される

横に大きく曲がる球を
投げ、なぜか肩が壊れてしまいました

■シロえもんの魔球の紹介

このドラベースでは
様々な魔球が登場するわけなんですが

シロえもんは一人で4つも魔球を持っていて
そのいずれもが非常に強力な球となっています。

ちなみに魔球を使わずとも
シロえもんは180キロのストレートが
投げられるというチート能力を持っています。

●W(ホワイト)ボール
●W(ホワイト)ボール

シロえもんの基本技
縦にぎざぎざに曲がる球であり

初期の頃は誰もバットにかすることができませんでした
クロえもんに打たれるまでは無敵だった技です

どういう原理でロボットが
縦にギザギザに曲がるボールを投げれるのかは
分かりませんがとにかく強力な技です

●WW(ワンダーホワイト)ボール
●WW(ワンダーホワイト)ボール

シロえもんの2つ目の魔球
アンダースローで放つ魔球です
横にぎざぎざに曲がる球です

タテに大きく変化させると
地面にぶつかってしまうが

横の変化なら無制限だ!!
という理論により

めちゃくちゃ横にぎざぎざに曲がるボールです

個人的には縦にぎざぎざされたほうが
圧倒的に打ちづらいと思うのですが

なぜかこのWWボールの方が
すごいという風潮です

しかもこの球は肩に負担がかかるので
結構なはずれ技に思えます

●WWW(ワンダーワイドホワイト)ボール
●WWW(ワンダーワイドホワイト)ボール

シロえもんの3つ目の魔球
ジャンプして
ホワイトボールを投げる事により
縦のぎざぎざを大きくした球です

つったまま投げたら縦の変化は自分の身長分程度
だがジャンプして投げれば変化はジャンプ+身長分という理屈により
縦に大きくギザギザに曲がります

●Word(ワールド)ボール

分身するWボール、なぜ分身するのかは分かりませんが
ただでさえうちづらいWボールが
分身するから手が付けられません

めちゃくちゃ強力なボールで
クロえもんやエーモンドのような

打撃トップクラスのプレイヤー
でなければまず打てないボールです

シロえもんはこれ以外にも
180キロのストレートが投げられ

切れのあるフォークもあるので、まじで強いです

ですがこれほど強い選手がいるチームでも

かぶと虫カップでは茜フライヤーズという
ちょっとせこいチームにあたり

1回戦で敗退したこともあるので
この漫画のキャラクターは全般的に強すぎるとおもいます

スポンサーリンク