ドラベースのひろしについて語る

ドラベースの主人公チーム
ドラーズのエースピッチャーのひろし
彼について語っていきたいと思います。

■ドラベースにおけるひろし

宅配業者、ドラネコ宅配便を経営している母を持つ
メガネ男子

お手伝いロボットであるクロえもんが
草野球をたしなみお手伝いをほうきしているので

宅配のお手伝いをしているのはひろし君になっている
だがこの宅配のお手伝いをすることにより

強い肩をえて、宅配でできたマメがうまくひっかかる事により
かなりのフォークを習得することに成功する事ができた

●ひろしのフォークは宅配でできたマメにより習得
●ひろしのフォークは宅配でできたマメにより習得

年齢は不詳だが終盤では
150キロのストレートを投げる事ができ

フォークのきれあじは相当なレベル

初期の頃はホワイターズの選手は
そんなへなちょこなストレートなんて怖くないぜ

と言っていたが、後半にいくにつれどんどん
ストレートが速く、そして重くなっていった模様

■WABCにおけるひろし

ひろしは最初WABCの日本代表に選ばれず
選ばれないことを恥じていた

しかし、WABCのピッチャーを
もう一度思い出してほしい

シロえもん、エモル、ポコえもんの
3強ピッチャーである

魔球使いや幻術使いが
ピッチャーとしてメインをはっているので

ストレートとフォークしか投げる事ができないひろしは
相当不利だと僕は思っている。

ひろしの速球は相当の威力にまで成長し
コンクリートブロックと思われる壁にひびをいれるほどであり

キャプテン翼でいけば日向くんの
タイガーショットみたいなものなので
かなりいけてるとは思うんですけどね

●ストレートでコンクリートの壁に穴を開けるひろし
●ストレートでコンクリートの壁に穴を開けるひろし

ちなみに、WABCでは最初代表に選ばれなかったのですが
なんでかしりませんがいきなり日本代表監督である王が来訪

ひろしのストレートが王選手のバットを折るほどの
力強さを誇るのでそのまま代表に選ばれることになる

しかし、この後宅配のお手伝いをしている際に車が事故をおこし
ひろしは怪我をすることになり、この怪我が原因でひろしは
日本代表をあきらめることになった

■ひろしのピッチャーとしての才能

ひろしは最初宅配のお手伝いをしており
ほとんど野球はやっていなかった

※過去の回想では今よりも小さい頃は
じめてうちにやってきたお手伝いロボクロえもんと

野球をやっていた描写はあったが
宅配の仕事が忙しいために野球はやめてしまったようである

上記の通り、ほとんど野球はやってこなかったが
強い肩を持ち、初期の頃から相当なボールを投げている

しかし、コントロールが悪く最初は
相手バッターにばかりボールがあたり
ロクにキャッチャーには届かなかった

だが、メガネを外せばボールが上手く投げれるという謎理論で
コントロールを修正したり

ヤシのみを木から落とす事によりコントロールを身に着けるという
謎トレーニングによりコントロールを修正

あっという間にコントロールを身につけ
ビッグドームカップのピッチャーテストでは
前年度の有力チームを破る一発で100点をたたきだした

●一発で百点をたたきだしたひろし
●一発で百点をたたきだしたひろし

コントロールに難がある設定だったのにこの成長率

さらには初期の頃は大した事ないよばわりだったのに
草野球数試合で球威は重くなり

メジャー挑戦をしているドラ一郎曰く
あいつがWABCに出場していたら日本はもっと楽にかてた
らしい

球質が重く、フォークしか投げられないひろしよりも
球質が重く、魔球を投げれるドランプの方が
圧倒的に強いような気もするが

魔球使いは4,5人しかいないので
魔球使いを除いた中では
トップクラスの才能を持っているのかもしれない