スーパー食いしん坊のステーキの秘訣にせまる

同じ値段でステーキを!!
でお馴染みのスーパー食いしん坊
待望のステーキ編のレビューをしていきます。

■スーパー食いしん坊 ステーキ編

ステーキ200グラムを980円で提供している
ステーキハウス「春」

980円でステーキが食えるわけねぇと
香介のお父さんは驚愕します。

ちなみに1グラム約4.8円となりますので
リアルにあるステーキハウス
いきなりステーキよりも、かなり格安という事になりますね。

●980円の春ステーキ
●980円の春ステーキ

この春ステーキの安さと味の秘密ですが

1・牧場からじかに肉を直営店におろしてもらう
2・大量のきざみ野菜を肉につけこむことにより元々の肉を
  さらにやわらかくすること
3・やきあがる直前にふたをして蒸気で肉をやわらかくやきあげること

以上、3点です

刻み野菜につける方法は
ミスター味っ子でもやってますし
安いところから肉をおろしてもらうところも

肉をうまく蒸し焼きにするところも
よくある料理漫画でかたられる技法なので

目新しい技法が登場するという物ではありません。

まぁ、春ステーキは敵側ですからね
よっぽど強敵じゃない限りはそんな目新しい技法を
使ってくるものではないのでしょう。

■おなじ値段でステーキを!?

そんな春ステーキに自信を持っている、ステーキハウス 春の店長は
中学生の香介君に対して、うちより安いステーキがつくれるわけねぇ
うちのマネなんかしないほうがいいと

大人気ない挑発をします。これに対して香介くんは

おなじ値段でもっとうまいステーキを食わせられるって言ったんだよ

こりゃあどうしてもうちとおなじ値段で
うまいステーキをつくってもらおう

え!!おなじ値段でステーキを!?

のコンボを炸裂しさせます

●見事な3連コンボを披露する香介君と店長
●見事な3連コンボを披露する香介君と店長

もちろん言うまでもないのですが
自分から同じ値段でもっとうまいステーキ作れるぜ

とか言って、じゃあ作ってよの返しが

おなじ値段でステーキを!?(驚愕)ですからね
今自分でできるいうたやないけ
なんでそこで驚く必要あるん?

という突込みが入る点です。
香介君が何に驚いていたのかは現在もまだ究明されておりません。

■香介くん直伝 おいしいステーキの作り方

1・牛肉の脂身を肉にうめこむ
2・大量のたまねぎやキャベツに肉をつけこみ柔らかくする
3・脂身から出た肉汁を封じ込めるために肉にあらかじめ白身を塗っておく

2番はステーキ春と同じなのでたいしたことはないです
ポイントとなるのは3番ですね

あらかじめ肉に白身を塗っておいてステーキを焼き上げる

そうすれば、熱せられた白身が薄い膜になって
なかの肉汁を内側にとじこめる

肉汁が逃げないので、肉はむっちゃうまくなる
という理屈です。

この白身を凝固させることにより味を閉じ込めるというのは
非常に理にかなってすばらしい方法だと思います

お好み焼きの元に卵を入れることにより
卵白が空気を閉じ込め
ふっくらとしたお好み焼きができる理屈と一緒です

卵白は空気すらも閉じ込めるのだから
肉汁を閉じ込める事などわけないことなのです

この方法は自宅で肉を焼くときにも使えるので
みなさんもぜひためしてみてください

ちなみに、卵白作戦を使う前
肉をアルミホイルで包んで焼く事により
肉汁を封じ込める作戦を香介君の父親は提案したんですが

これは間違いだったようです。

香介君曰く
「ホイル焼きは焼くといっても中の材料は蒸気でむされる
 そんな方法で肉を焼いたら水っぽくて食えたもんじゃない」との事

しかし、僕の記憶によれば
ミスター味っ子という漫画で

肉料理の天才とされている男が
ハンバーグをパラフィン紙で焼く事により
肉汁やビーフシチューのうまみを閉じ込め

最高のハンバーグを作るという話がありました。

●パラフィン紙で包み込んだハンバーグ
●パラフィン紙で包み込んだハンバーグ

アルミホイルを使ってもパラフィン紙を使っても
結局蒸気でむされてハンバーグが水っぽく
なってしまうのではないでしょうか?

ミスター味っ子とスーパー食いしん坊
どちらの方がただしいのかは実際に
作ってみないとわからないですね。