ロトの紋章、ルナフレアについて語る

ロトの紋章前半に出てきた頼れるお姉さん
ルナフレアちゃんについて語ります

■ルナフレアちゃんとは

カーメン王国騎士団の団長の娘
騎士団の勝ち抜き試合に出て男ども10人を
またたくまにたたきふせるほどの剣の実力者

年齢不詳とされているが、初登場時点ですでに
10代後半程度の見た目をしている

意外と親父趣味?
カーメン王国の王から
その剣舞の才を褒められたときは顔を赤らめ照れていた、かわいい

●照れるルナマリアちゃん かわいい
●照れるルナマリアちゃん かわいい

魔王軍が城をせめてきたときは

僧侶のタルキンさんから貰った
光の指輪を使って、魔物を退散させる活躍を見せる

ちなみに、お父さんのポルゴイさん曰く

光の指輪は戦士のわしが指にはめても役に立たない
 しかし 女のお前なら指輪の力をひきだせるかも

との事でした

指輪の力を使うのに戦士も魔法使いも
男も女も関係あるの?

男でも指輪つけるひとおるし
女でも指輪つけないひともおる

そもそも引き出せるかも?って何で疑問系になってるんだよ
いままでその指輪を使ったことがないのに
ぶっつけ本番でアイテムを娘に渡すって
どういう了見やねん

せめて、自分で一回指輪の力をつかってみてくださいよお父さん

って僕は思いましたね

●ぶっつけ本番で光の指輪を渡すおやじさん
●ぶっつけ本番で光の指輪を渡すおやじさん

その後、魔王軍の手からなんとかアルスを助けた
ルナフレアさんは僧侶のタルキンと共に王国を避難

オーブの力で守られた里みたいな場所で
10年以上の月日をすごすことになります

そして、10年間
アルスとキラ君を育てる事になるのですが

10年後、多分20代後半?に近いであろう年齢の割には
なかなかやんちゃな感じでした

●20代後半ながらターザンのように登場する女性がいるらしい
●20代後半ながらターザンのように登場する女性がいるらしい

■剣王サーバインとの戦い

ルナフレア嬢は物語の前半早々でピンチを迎える事になる

魔王軍の刺客である剣王サーバインがせめてきたからである
サーバインは魔剣ネクロスというまけんに魅入られていて

人の血を吸わなければ、自分が生きていけないという
厨二病の権化みたいな設定の男です。

この男の剣は幻魔剣といって
一度攻撃を食らわせたら、その傷は回復魔法も薬草もきかないという
一撃必殺の能力を持っていた

この攻撃をルナフレアは食らってしまい、ピンチに
なりました

ちなみに、ピンチのルナフレを前にして
タオキン老師は
すまん・・・もはやなすすべがない・・・

とか言っちゃったためにルナフレアは最後礼拝堂にいき

ルナフレア
「偉大なる精霊ルビス、あたしはやがてあなたのもとに参ります
なにとぞあたしの最後の願いと、引き換えにアルスをお守りください」

と最後の祈りをささげます。

このシーンですが実はルナフレアさんむやみに動き回らなければ
ヤオの軟気功という回復拳術を使い
助けることができたはずなんですよね?

タオキンさんが、もう駄目だ無理みたいに言ったから
むやみに移動をして
むざむざルナフレアさんを失う事になりました

もちろん、軟気功がきくかどうかもわからなかったし
ヤオが回復術使えることも知らなかったから、仕方ないと言えば
仕方ないのですが、なんともやるせない気持ちになってしまいます

それから、後半手に入れる船ルナフレアは
このルナフレア嬢の名前から付けられています