ロトの紋章のヤオちゃんがかわいいので語る

ロトの紋章のメインヒロインにして
メインファイターである

とてもかわいい、拳王ヤオちゃん
についてご紹介させて頂きます

■拳王ヤオちゃんとは

ロマリア地方 カザーブ村からやってきた
美少女武闘家ヤオちゃん

10代前半くらいの時から

波動拳という拳法を習得していて
その威力は絶大

作中で最も豊富な専用技を持つ
めぐまれたキャラクターとして描かれています。

一番使われた技はキーボード変換しづらい
捷星魔光弾(しょうせいまこうだん)

これがヤオちゃんが使う技の6割ほどだった
イメージがあります

序盤は比較的物理で殴る体術をメインに戦ってたんですが
後半は比較的波動拳をメインに戦っていました。

■ヤオちゃんのベストバトル vs 魔猿将軍エイプス戦

ベストバトルは何と言っても獣王グノンの部下である
エイプス戦です

エイプス戦は魔王軍唯一といってもいい拳法の使い手で
瘻瘡邪骸拳(ろうそうじゃがいけん)という拳法を使ってきました

拳法家同士の対戦はこのくらいのもの
後は、でかい龍だの獣王だの冥王だの

シンプルなパワーか魔法をたようするような相手ばかりでしたから
この試合が何といっても印象に残っています

お互いが武術家同士ですから
ヤオちゃんの動きがすごい映えるんですよね

●超格好いいヤオちゃん
●超格好いいヤオちゃん[1]

ヤオちゃん
「いいわ あなたには見せてあげる
 わたしの本当の力を・・・」

我が拳は宇宙の源生命の源たる生気
真気をエネルギーとして拳に乗せて打ちだす 名づけて波動拳

この盛り上がりを買って出るような台詞から
繰り出される券技がすごい格好いいんですよね

恐るべし券王 恐るべし波動拳

■後半のヤオちゃん

後半はパーティー内メンバーである
剣王キラといい感じになり
キラの好意にも気づいていた様子

ただ、その時は、まず魔王軍と戦うことしか考えられないから
キラの好意は魔王軍との戦いが終わってから受け取る
というような態度を取り、できる女をアピールしていた

●後半ぐっと大人っぽくなった ヤオちゃん かわいい
●後半ぐっと大人っぽくなった ヤオちゃん かわいい[1]

しかし、魔王異魔神はあまりにも
強大な力を持っていて

とてもかなわないと思った
ヤオちゃんはキラと共に逃避行

山奥の村でひっそりと愛を誓い
静かにすごしていく事に決めた

でも、最後は聖戦士としての近いや宿命よりも
仲間として最後までアルスと戦う事を選択

いつの間にか覚えていた奥義
螺旋掌破を使い、最後まで異魔人に抵抗した

ちなみに、異魔神は小さい形態になったとき
今までとはスピードもパワーも比較にならん
魔力は同じだがね

みたいな事をいっていたが、ヤオちゃんは
スピードのみなら異魔神を凌駕していたのだ
その事を忘れてはいけない

ヤオちゃんは異魔神の背後を取れるほどの
スピードを持っていたからね

だが、そのスピードと奥義を持ってしても異魔人には
かすり傷程度のダメージも与えられないので

身を挺してポロンのマダンテのための時間稼ぎをし
マダンテと共にこの世を去りました。

最後まで戦い抜いた拳王ヤオちゃんに栄光あれ
※最後はご都合主義でみんな生き返りましたけどね

■ヤオちゃんのかわいい所

ポロンに女を意識されていた所
老師に女を軽んじられた所では

怒り気味だし、恥らっていた すでにかわいい

それから、みなさんお忘れの方も多いと思いますが
ヤオちゃんはヘビだけは苦手という設定を持っていて

獣王グノンのしっぽがヘビだった事に驚き
へなへなになった所はすごくかわいいのだ。

●へなへなのヤオちゃん、作中で一番の脱力
くそかわ
●へなへなのヤオちゃん[1]

それに、ヤオちゃんは最終回付近
多分作中から10年後のシーンでは

急に老けだしたキラと違って
全然若くてかわいいのだ

拳法の気は肉体を若く保つ事にも役立っている様子
きっと近所の家庭からは

「キラさんの所の奥さんはまだ若くてとても素敵ね
夫さんとは大違い」

みたいに言われていたのだと思う。

まぁ、作中最終回付近ではヤオちゃんは16歳前後
という設定だったので、26歳だとまだ若妻
女盛りすぎる

というより16歳で結婚って随分な早婚だったんですね。