新テニ ラウンジの食料奪還、スポーツマン狩りって何だよ 感想・レビュー 09

sponsored link

●何でこの3人なんだ?と疑問を感じ得ないメンバー選出

高校生との2vs30くらいの試合をやりとげた中学生メンバー
そんな中学生に三船コーチは新たな指令を与えました。
そして、スポーツマン狩りという、謎のトレーニングとは?

それでは、今回も新テニのレビューをしていきたいと思います。
コートを埋め尽くすような人数でのテニスも終わり、すっかり深夜
三船コーチは、越前、忍足けんや、タニシ君の3人に食料奪還の任務を与えました。

■ラウンジの食料取ってこいいわずに、食料ぐらい用意しておいてください

ようするに、U-17合宿所にでむき、食べ物をもってこい
という任務ですね。ちなみにアニメ版では食べ物に加えて
テニス用具も持ってくるという任務でした。

●何でこの3人なんだ?と疑問を感じ得ないメンバー選出
●何でこの3人なんだ?と疑問を感じ得ないメンバー選出

しかし、食料がないから持ってこいってのは考えても見たらすごいですよね
あんな崖の上にいるんですから、軽々に食べ物、飲み物はもってこれません
ですから、備蓄しておこないといけないはずです。

そもそも中学生、高校生、ついでにコーチも含めると
崖の上に60人近い人数がいることになります。わざわざ合宿所にいき
食べ物持って来いといっても、いったいどれくらいの量が必要になるのか
検討もつきません。

どうせ、崖の上で修行させるなら、せめて食料の準備ぐらいは
コーチ陣がしてくれてもいいのではないでしょうか?
本当、テニプリのコーチだの監督は適当な大人が多すぎると思いますね。

そして、合宿所にいった3人組中学生’sは赤外線をかいくぐり
乾汁他、ソーセージや果物をあさり帰還

三船コーチに乾汁を飲ませるという暴挙の後、タニシ君の
ソーセージ2本、サラミ、ハムは没収という事になりました。

後最後になりますが、崖の上からどうやって
洞窟を通って合宿所までいったんですか?

崖の近くにいくのさえ、バス使っていってましたよね?
そういうよく考えてみればおかしいな?っていう所もテニプリの魅力ですね。

スポンサーリンク

■スポーツマン狩りとはいったい!?

乾汁を飲んで、気分がよくなった、三船監督
ついにはスポーツマン狩りという謎のトレーニングをするよう
中学生&高校生に要求してきました。

このスポーツマン狩りですが、風船を付けたメンバーが
日没まで鷹から逃げ回り、風船をわられなければ合格
というルールのようです。

●飛び回る鷹から風船を守れ
※どうやってこの鷹をてなづけたんだ?そういえば
●飛び回る鷹から風船を守れ

ちなみに、鷹以外にも、メンバー同士が風船を割るのもOKなようで
高校生の佐々部君は越前や金太郎君のいがぐりパチンコ攻撃で
風船を割られてアウトとなりました。

それから、飛んでいる鷹も越前君のいがぐり5個同時攻撃で
撃退してしまいました。

●5個のいが栗を同時にうちとばし、鷹を撃退した越前君
●5個のいが栗を同時にうちとばし、鷹を撃退した越前君

もう、ルールがわけわかりません
風船を付けたまま、鷹から逃げるルールなのに
中学生と高校生同士で風船割ったり、逆に鷹を撃退したりと
やりたい放題です。

そもそも、これが何の修行なのか理解不能です。
鷹を使わずとも、できるようなトレーニングばかりじゃないですか?
わざわざ危険な事しなくてもいいじゃないですか?

これに関しては三船コーチの説明がききたいところですが
コーチはこう一言いいはなちました。

●同時に10球は打てんと鬼や徳川には勝てんぞぉ
●同時に10球は打てんと鬼や徳川には勝てんぞぉ

意味がわかりません。
テニスは基本的に1つのボールを打ち合う競技ですよね?
10球のボールを打つなんていうことは、絶対的にありえません。

百歩ゆずって、同時に10球ほどのボールを同時に打つのが大切だとして
何でそのトレーニング方法が風船を付けて、鷲から逃げるという事なのでしょうか?
やっぱり、テニプリは最高です。

スポンサーリンク