BE BLUES、桜庭巧美vs聖和台戦

BE BLUES
前回の桜庭のあらすじ

小学生時代の反省を踏まえ
いい子ちゃんを演じていた桜庭

しかし、オレ様プレイを直す事はできず
結局、尊敬しろオーラを貫いていた

大浦南戦では自分で得たPKをカレイに決め
尊敬できるプレイヤーになっていた。

■桜庭巧美vs聖和台

高校サッカー埼玉県大会
ベスト4のvs大浦南戦で活躍した桜庭は

決勝戦の聖和台戦でついに初のスタメンに抜擢された

桜庭

「オレ様が立てばソコが・・・最高になるんだよ!」

といけめんなきめせりふをきめ決勝に望む桜庭
決勝では友坂先輩とジョージ先輩がいないので

桜庭の活躍が優勝を決めるといっても過言ではないのだ。

小田が取りこぼしたボールをgetした桜庭は
さっそくドリブルで敵陣にドリブル突破をしかけます。

しかし、ベスト4戦では龍においしいところを
取られてしまった桜庭は

チームメイトである龍をハイエナやろう呼ばわり
龍が自分のシュートにつめて、ゴールを決められないように

あせって敵陣を
サクっとぶち抜いて決めようとします。

この動きを見逃さなかったジョージ先輩はいいます
やつにしちゃ・・・しかけ雑じゃね と

しかし、しかけが雑だろうがなんだろうが
さくっとぶち抜いていくのがわれらが桜庭巧美様なのである

聖和台ディフェンスのチャージにもろにさからわず
柔らかく衝撃を吸収、反動を使って引き離したとの事

さすがはテクニックだけは超一流の男

●猫のようなテクニックで相手をかわす桜庭巧美
●猫のようなテクニックで相手をかわす桜庭巧美

だが、一人かわしても、もう一人つめていた聖和台ディフェンスは
桜庭の突破を許さなかった、桜庭がこんなに突破できなかったことは
作中いままででなかったので

聖和台のディフェンスは作中最強クラスといってもいいでしょう。

だが、その聖和台ディフェンスを持ってしても
桜庭を止められる時はかぎられているようで
1対1だと桜庭を防ぐ事はできなかった。

雑魚をぶち抜きまくる桜庭
マッチアップしていた4番は桜庭を止める事ができなかったので

いよいよ守備の切り札であり
対桜庭対策の切り札
元レッズjrユースの真鍋君が登場する

ちなみに、桜庭君も元レッズjrユースなのだが
3年間同一チームで戦っていた真鍋の事を覚えていなかった

桜庭
「あーレッズにいたなてめぇ なんつったっけ
ま どうでもいいや。雑魚のかわりは、どうせ雑魚だしな

「てめーもベンチに送り返してやんよ」と

元チームメイトを侮りまくる桜庭

だが、雑魚呼ばわりされた真鍋君はきれっきれの動きを見せ
簡単に桜庭からボールを奪ったのである。

●簡単に桜庭からボールを奪う真鍋君
●簡単に桜庭からボールを奪う真鍋君

これには味方も ん なあっ!?という感じで
驚いていた

いままで2対1なら負ける事があった桜庭だが
1対1で桜庭が突破できないことなどなかった

それなのに、こんなにあっさり取られるなんて・・・
ベスト4戦ではあんなに目立っていた桜庭だったが

自分が雑魚呼ばわりした真鍋君に一発で止められてしまったのだ

もちろん、スタミナがなくパワーもなく
俊敏性があっても最高速はそんなにない桜庭は
疲弊していたというのもある

だが、これはやはり止めた真鍋君がすごいと言えるだろう

桜庭を止めた真鍋君はさらに桜庭に精神攻撃をしかけます

真鍋
おまえ、自分じゃ上手いつもりだろうが
 この22人の中で1番サッカーへたくそだからな。
 無力さを思い知らせてやるよ」といいたい放題いいきります。

その後も、真鍋相手にいいところがない桜庭は
さらに疲弊し、後半戦 ほとんど動く事ができなくなった

リンゴ先輩が桜庭を気にして
少しは回復したか?と聞いたときに

心配いらねぇよ!桜庭巧美様だぞ!

と、先輩に対する態度とは思えない態度を取っていたのに
全然回復できていなかった。

そんな桜庭は最終的に敵陣ゴールから動こうとせず
オフサイドのいちでこっちまでこいジェスチャーをします。

●オフサイドのいちでこっちまでボールもってこいジェスチャーの
桜庭巧美様
●オフサイドのいちでこっちまでボールもってこい

味方の押し上げをきたいして
相手守備ラインが自分のいちまで下がってくるのを待つという
とんでもない戦術を取る桜庭

コヴァッチカントクは

ピッチのどこでもドリブルする事しか頭になかった男が
なりふり構わず、力を蓄える事を選んだ
振り絞るべき場所で、その時を待っておる

と、結構格好いい事をいっていた

それに呼応するように桜庭はボールを持った後に
聖和台ディフェンスを二人抜き去った

だが、最後は力つきたか
そのままゴールを奪えなかったので
仕方なしに龍にパス

このパスが決定打となり
ぶそうは聖和台においつくことができた

桜庭は人生は初のアシストを決めたという事なのだ

今までパスをださなかった男が
特殊な状況下とはいえ出したパス
これは盛り上がる展開だったと言えるでしょう。

そして何よりすごいのはパスを出したといっても
桜庭の唯我独尊な性格は何一つかわっていなかったということだ

というより、桜庭本人基準ではパスを出した事さえも
忘れていたというレベルである。これが桜庭巧様の凄さなのだ