BE BLUESの竜崎マコトについて語る

BE BLUESのぶそう高校の
FWとしてヘディングを決めまくる
攻撃的FW 竜崎マコト

一般部員ながら、セレクション、推薦上がり
のプレイヤーを押しのけて

強豪ぶそうのスタメンをゲットした
彼について語っていきます。

■竜崎マコトとは

ぶそう高校3年生 ポジションはFW
背番号は14

ぶそう高校の歴史上初の

一般生からぶそう高校サッカー部の1軍
Aチームに上がった男

※ぶそう高校は1軍のA~4軍のDの4階級

同じ一般生の一条はマコト同様
Aチームを目指していた

ちなみに、竜崎さんは去年の秋
つまり2年生時点の秋にやっとAに上がったのだが

なぜか部外者である一条は

竜崎さんの事に詳しく
2年生時の秋にAチームに上がった事を
一条は知っていた

後、竜崎は2年生の時はまだまだ
サッカーの技術がいまいちで(3年時でも少しいまいちだが)

九重という元Aチームの元サッカー部のメンバーから
軽んじられていた

3年生になっても、速いパスに対応するだけの技術はなく
高身長を生かしたヘディング

ダイビングヘッドの類しかしていない男でもある

■試合中の竜崎マコト

黒部カントク時代、竜崎は身長とヘディングだけの
プレイヤーだが、ぶそうのスタイルにはあっていた

堅守速攻から友坂先輩がキープしてレノンや山下に
パス

レノンや山下がサイドアタックを決め
センターの竜崎にハイボール
竜崎がヘディングで得点を決める

これが、ぶそう高校のいつもの戦術だ

このスタイルでぶそう高校は3年間
全国の土をふんでいないのだが

マコトがレギュラーに定着したのは2年の秋からの話なので
全国大会に出られなかったのはマコトのせいではない

むしろマコトがレギュラーになってからは
高いボールでせめることができるようになったので

ぶそうの攻撃力は格段に上がったといっていいだろう

そんなマコトは練習中も、試合中も
ばんばんヘディングを決めていた

●ヘディングを決める竜崎マコト
●ヘディングを決める竜崎マコト

足元の技術はないが、高いフィジカルと
得意のヘッドで、かなりの活躍をみせます。

ただ、技術自体は3年生どころかレギュラーの中でも
下位クラスで、青梅以下と思われる

特に技術厨の桜庭はマコトの事をあなどり

・下手糞がしっかりせりかてや
・やれやれ これが高校サッカーか(高校サッカーのくせに技術ないな)

みたいな感じで竜崎の事を軽んじていた

■vs聖和台戦

埼玉県大会決勝のVS聖和台では、後半の切り札として投入
相手チームのDFのスペシャリスト?と思われる黒田が

桜庭を相手に疲弊してしまったため、2番手や3番手の
DFが竜崎マコトを防ぐしかなかった

このため、マコトは高さの暴力をいかして
すばらしいいつものヘディングを見せ、決勝点を決める

●決勝点を決める竜崎マコト
●決勝点を決める竜崎マコト

■優しい竜崎先輩

竜崎先輩は2年生、3年生の中で最もおおらかで
優しい先輩として知られている

桜庭が竜崎を無視して一人でシュートをニアの方に放っても

竜崎
「すごいなお前、そのプレイはとてもまねできねぇよ」
と笑顔で対応していた。

●笑顔が素敵な竜崎先輩、作中で最も笑顔の
サッカープレイヤーと言える
●笑顔が素敵な竜崎先輩

他には1軍(Aチーム)が菅平に合宿にいったさい
ナベケンがきつい練習に嫌気をさし

トイレでないていたときは

竜崎
「皆、ぶそうにきて全国でないまま終わるのはごめんだと思っている
 気持ちがあってもこの合宿はきつい。だから夜はないたっていいからさ
 今度はもっと見つからない場所選べよ」 と

同じ高身長プレイヤーであるなべけんにエールを送った

また、全国大会2回戦、福岡南高校戦では
青梅に先にPKを蹴らせて、自分が蹴られなかった事

重要な場面で青梅に蹴らせてしまった事を恥じて
申し訳ないことをしたと心を痛めるくらいに優しい先輩だった