メジャーセカンド 佐倉睦子【小学生編】の野球の実力について

メジャーセカンドのメインヒロインと
呼び声が高い佐倉睦子ちゃん

小学生編の時から野球の実力が高かった
彼女の実力を確認していきたいと思います。

■小学生時点の睦子ちゃんの野球経験

睦子ちゃんは初登場時点で小学校6年生
小さい頃から野球経験はほとんどなく

お兄ちゃんとキャッチボールしたり
ちょっとバッティングして遊んだりしていただけで

小学校6年生になるまで部活動をしたことは
ほとんどありませんでした。

そんな睦子ちゃんですが、大吾を追って
三船ドルフィンズに参入

あたしが出たら、今までやってた
誰かが出られなくなるし、女子の私はポジション取らなくていいよ
みたいな、気遣いのできる女をアピールしていたが

高い才能を隠す事はできず
卜部のボールを簡単にミートしてしまった

●気遣いのできる睦子ちゃん、かわいいし野球の才能は格別
●気遣いのできる睦子ちゃん

■小学生時点、ドルフィンズでの睦子ちゃんの出番

睦子ちゃんは地区大会2回戦 vs 虹ヶ丘戦で
9番ライトとしてレギュラーとして出場

本人は練習中にわざとエラーをして
実は守備は苦手なんだアピールをしたが

普段の練習がかなりがちだったため、レギュラーとして
抜擢されてしまった。

他の部員は少なくとも、1年、2年は継続して
野球を続けてきたはずだが、野球経験2,3ヶ月足らずの
女子にレギュラーを取られてしまったので

かなりおもしろくないだろう

出番が回ってきた睦子ちゃんだったが本番では
いきなりやらかしてしまった
相手チームの打者がライトにフライを打ち上げたときに

相手チームの打者
「センター センター」と偽の指示を出し

睦子ちゃんがこれに反応
センターから光君がきていると思ったためか
センターにまかせようとして、簡単なフライを落としてしまったのだ

●簡単に相手チームの策略にひっかかりライトフライを落とす
睦子ちゃん
●簡単に相手チームの策略にひっかかりライトフライを落とす

試合を観戦していただいご君のおばあちゃんは
そんなずるいことしていいの?とか言っていたが

睦子ちゃんが普段からチームメイトの事を気にかけ
普段からコミュニケーションを取っていれば
声の聞き分けができてミスはしなかったと思う

やはり、大吾が目当てで他のメンバーは刺身のツマ程度にしか
思っていなかったので、こういうミスを起こしてしまったのだろう。

しかし、卜部から

卜部
「お前はできるやつのくせに、本気をださねぇのかよ
茂野や佐藤はガチでやってるぜ、お前もがんばれよ」とこぶされ

初打席ではいきなり3塁打を放ちます

●いきなり3塁打ちを放つ睦子ちゃん
●いきなり3塁打ちを放つ睦子ちゃん

卜部くんからみても、足もはやくバッティングせんすのかたまり
これには卜部君もちょっと惚れちゃったみたいな表情をみせます。

ちなみに、相手投手は1回戦は対戦相手を0点に押さえ
さらにはノーヒットノーランをやっています。

そんな相手を睦子ちゃんが攻略したのだから
1回戦のチームは
いったい何をやっていたのかといいたくなりますね。

そして2回戦を突破して、さらに3回戦も突破したら
三船ドルフィンズは準決勝戦で念願の東斗ボーイズとの試合を
迎える事になります。

vs東斗ボーイズでは女の子に甘そうではあるが
試合は自称本気の小松君からいきなりヒットを放ちます

女だと思って甘く入りすぎたと味方は言ってましたが
ミチルちゃんは

ミチルちゃん
「へえ・・・この子いいスイングしてんじゃん」

と睦子ちゃんの事を褒めていた

さらには、バッティングだけではなく、守備もかなり
できるようで、卜部が疲れ相手チームに
いい当たりをされたときも見事なキャッチングを披露した

ちなみに、守備のほうも最初のセンター詐欺に引っかかったとき
以降はミスもなく、すばらしいプレーを見せた

だが、ミチルちゃんがピッチャーに入ってから
まったく打てず、そのまま終わってしまった

睦子ちゃん曰く、女の子でもこんな速い球投げられるんだ!!
と感嘆していたので、ミチルちゃんは

今まで戦ってきたエースピッチャーや小松よりも
よっぽど強かったと言えるでしょう。

女の子でも速い球を投げれると思った睦子ちゃんは
中学生編では技巧派ピッチャーとして活躍していくことになります