メジャーセカンドのミチルちゃんがかわいいので語る

東斗ボーイズの紅一点でかわいい
眉村ミチルちゃんについてご紹介します。

■ミチルちゃんとは?

初登場は、vs東斗ボーイズ戦
ちなみに、妹キャラっぽいんですが

彼女は姉という設定です。

当時(小学校4年生時点では)
外野手でしたが

野球に興味を持つようになり、茂野ゴロウ君に
あこがれてからは、ピッチャー志望となります。

●初登場のミチルちゃん、弟をしりぞけて
エースピッチャーを担当 かわいい
●初登場のミチルちゃん

東斗ボーイズ時代ではエースナンバーで
左サイドスロー、球速、キレ、コントロールと
完璧なピッチングで、つけいる隙が見当たらないと

田代監督はかたっていました。
しかも、田代監督はミチルちゃんのピッチングを見て

田代
「ここまでうちも十分戦ったが、レベルが違う
 最後は胸を借りるつもりでがんばろう」と

戦う前から諦めが見えてました
卜部君やアンディ君は入団当初から
東斗ボーイズを倒すのが目標だったのに・・・

カントクあまりにもやる気なさすぎだろ

■ミチルちゃんのトレーニング

小学校6年生女子なのに
トレーニングでは高負荷のマシントレを
行い、筋力を鍛えていました。

トレーニングに真剣な表情もかわいい

ちなみに、小学生はまだ体ができあがってないので
マシントレーニングの類はせず

体幹トレーニングや自重トレーニングを行ったほうがいいので
パパはミチルちゃんに、マシンを使ったトレーニングを
勧めていなかったんですが

はやる気持ちをおさえられず
マシントレを行っていたようです。

そんなトレーニングにせいをだす彼女ですが
最初期、三船ドルフィンズのことを侮り

ミチルちゃん
「三船?あんなとこ事前調査いらないでしょ?」と

言っちゃうほど、因縁?のある相手である
卜部やアンディをあなどる発言をしていました。

■あざといミチルちゃん 大吾に近づく

ミチルちゃんは大吾の事を
ゴロウの息子だと知らない振りして、近づいてきました。

ミチル
「は、はじめまして。あたし東斗ボーイズでピッチャーやってる
眉村ミチルっていいます!♪」

そして、ちゃっかり家にあがりこんだミチルちゃんは

「え?え!? もしかして茂野君のパパってもしかしてこの人!?」

初めてしったんですけど♪みたいな感じで
目をきらきらさせてるんるん気分です かわいい

●あざとくてかわいい ミチルちゃん、右の画像は素
●あざとくてかわいい ミチルちゃん、右の画像は素

どさくさにまぎれて、大吾にゴロウのサインを頼んじゃうところも
ちゃっかりしています。

そんなミチルちゃんはゴロウのサインの為か
ちょっと嫌々ながら、大吾の練習につきあいます。

もうほとんど目的(ゴロウのサイン)はGETできそうなためか
ここでいきなり素であろう、ちょっとツンツンキャラになります

ミチル
「肩が弱いからピッチャー目指さないの?
 それだけでピッチャー諦めるなんてー

茂野君、パパへの憧れちょっと足りないんじゃないの?」と

さっきまでキャピキャピ女子小学生ぽかったのに
いきなり素を出してきます。

この淡白な所もかわいいんですけどね

■vs三船ドルフィンズ

試合では外野手をやっていた設定が完全にとび
1番ファーストで試合に出場

試合中でも試合そっちのけで大吾に対し
サインボールをもとめちゃうくらい
三船との試合が眼中がありませんでした。

でも、試合中めっちゃ活躍する大吾、佐藤
それから、思いのほか見事なピッチングを見せる
卜部やアンディの事を評価して

ミチル
「大吾、佐藤だけじゃない、卜部やアンディを侮ると
 この試合負けるよ」みたいな感じで

ドルフィンズの事を高く評価するようになる
※前はすごい侮っていたんですけどね

また、小松じゃ佐藤を抑えられなくなってきたので
後半では緊急登板

サイドスローに加えて、オーバースローもこなし
三船打線をシャットアウトする活躍もみせました

それから、試合中小松君が
調子を崩したときは

ミチル
「ごめんね、わたるは先発の大変さをわかってないのよ。
急に先発言われたら、すぐに調子なんかでないよね」

「でも、もし負けちゃったら私たちの夏は終わっちゃう
 最後の夏 私、小松と全国大会行きたいよ♪」

と、小松君にたいしてやる気を出すようにハッパをかけた

このあざとく、ちゃっかりしているところがまじでかわいい

●女で小松君をつろうとするミチルちゃん かわいい
●女で小松君をつろうとするミチルちゃん かわいい