ゆうはく、垂金は左京さんと違い、金持ちじゃなかった説が浮上

妖怪よりもよっぽど妖怪に近いと噂されている
垂金権造さん、彼は左京さんとは違い

自分だけがリスクを背負った賭けを受けてしまいました。
それはなぜなのか、確認していきたいと思います

■垂金権造が主催するBBC

前提条件なんですが、垂金さんはBBC(ブラック、ブック、倶楽部)
という一部の本当の権力者しか入る事ができない
闇の賭博組織の主催者という設定です。

BBCには六遊会チームのスポンサーである権田原すけぞうさん
魔将使いチームのスポンサーである豚尻さん
戸愚呂チームのスポンサーである左京さんが所属しています。

これら、本当の権力者である金持ちを束ねている男なのだから
この中でも一番の金持ちじゃなければ格好がつかないと思います。

■左京さんとの第一の賭け、第二の賭けについて

垂金は数十億は儲かるとか言い出して
チンピラ妖怪12匹vs浦飯・桑原
3鬼衆vs浦飯・桑原

の賭けをBBCメンバーと行いました。

その際、左京さんはアニメ版では
50億、100億をかけました。

もちろんこれは常識的に考えればもの凄い大金で
現に垂金さんも結構驚いたアクションを見せて

坂下100億用意せい・・・とか渋い顔をして
いっちゃうくらいです。

■そして戸愚呂兄弟vs浦飯・桑原の賭け

噂の66兆2000億
アニメでは72兆3500億をかけました。

これには垂金さんもめっちゃ驚いた顔を見せ
72兆3500億!?そんなバカげた金額!!とか言い出しました。

●やたら驚く垂金さん72兆3500億に圧倒される

そして、周りのメンバーも
どっちが負けるにしろ破滅だ!!とか言ってノリノリです。

ですが、冷静に考えてみたら
この勝負は仮に左京さんが負けたとしても
完全ノーリスクだったのです。

なぜなら、暗黒武術会の優勝チームのオーナーは
大会収益金の45%をGetすることが出来るのです

この額はざっと4000兆円であると
作中では言われていました。

左京さんは前大会戸愚呂チームのオーナーであるという
設定があり、すでに1度大会優勝賞金はGetしております。

左京さんは人間と魔界をつなぐ、境界トンネルを作るという
イベンターとしての夢をもっていたので

4000兆円は持ったままです。

この勝負、仮に左京さんが負けたとしても
4000兆円-72兆3500億程度の損害でしかありません

現在持っている金の2%程度を失うだけです
全然破滅とはカンケイありません。

むしろ謎なのは垂金権造さんです
BBCを主催しているにもかかわらず

左京さんの資金の2%程度にも満たない72兆3500億が
だせないっていうのはどういうことなのでしょうか?

左京さんどころか、大会ベスト4、ベスト8クラスの
戦力を有している、豚尻さんや権田原さんでも
100兆程度の金はわけないと思います。

これだとゆうはくの世界では
本当の金持ちとは言えないのでないでしょうか?

左京さんは仮に浦飯らがトグロより強く
本当に勝ってしまったとしても、まじでノーリスクだったのです。

●余裕をもって72兆3500億をかける左京さん

左京
「ひるい石など、川原の小石程度の価値しかない」

っていうのは強がりでもなんでもなく
本当にそうだったという事なんですね。

垂金「ひーひっひ 左京さん、どうやら賭けは私の勝ちのようですな」

左京「・・・いや、そんなどや顔でいわれても70兆とか、私にとっては痛くもかゆくもない
程度の金でしかありませんからねぇ」

とか思って、垂金さんをこばかにしていたと思われます

垂金さんも宝石商とかいうチンケな事をしないで
暗黒武術会への参戦をするべきだったという事です。