ゆうはく、飛影さんの忘れ去られている設定について解説

幽遊白書の飛影
初期のころはいろいろな設定があったのですが

忘れている方もいらっしゃると思うので
彼の設定を確認していきます。

■飛影さんの前科について

初期のころ飛影さんは

前科なし、正体不明
目的のためには手段を選ばない非情な性格

という風に紹介されていました。

●飛影さん、窃盗行為は初のようです

5歳ぐらいの時からA級で盗賊をしていたのに
前科はないという謎の設定です。

そもそも、この前科というのは何を行えば付くのか
作中ではまったく解説されていませんでした。

予想としては
・人間に危害を加える
・霊界に危害を加える

上記2点の犯罪行為を行った場合
前科が付く可能性が高いです

ただ、蔵馬も妖狐の時から盗賊行為を行って
霊界特防隊においつめられているはずですから

飛影が前科なしとは、とても信じられません
蔵馬にいたっては上記の通り、特防隊に
おいつめられたにもかかわらず

なぜか前科は0という話です。

■飛影さんの緑色の変身と降魔の剣

飛影さんは、ピンチになると本気をだし
体を緑色にして目をいっぱい増やす変身が使えます。

こちらの変身はかなり有名ですが
後半原作では一回も登場することがありませんでした。

劇場版では1回見せていますが
あれも歴史の中で埋もれてしまっています。

妖力が倍増し、ジャガンの呪縛という厨二病的な
技が使え、相手を束縛できるて便利なんですが
仙水相手に使用しませんでした。

●邪眼の呪縛

それから、降魔の剣なんですが
剣で人間に傷をつけたら妖怪にできるという

強力な剣でした。

戸愚呂弟は暗黒武術会で優勝して
優勝商品として妖怪に転生しましたが

降魔の剣で切ってもらったほうが
よっぽど手っ取り早かったと思われます。

■飛影さんの使い魔はどこいったの?

飛影さんは初期のころ朱雀、ロトさんと同様に
使い魔がいました。

飛影の周りをうろちょろしている奴らで
飛影さんには従順です。
●飛影さんにも部下がいました

使い魔
「雪村けいこ 浦飯幽助の同級生で幼馴染
ヤツと最も親しい人間のひとりです」と

飛影さんに報告していました。
とても知的な見た目とは言えませんが
情報収集能力は非常に高いと思われます。

こんな優秀な使い魔ですが、後半はその存在を
消すことになります。

いちおう暗黒武術会の時点では
飛影に仕えていて

ゲストとして招集されることは
使い魔が飛影に報告していました。

この使い魔で仙水の事を調べればよかったんじゃないかと
思われます。

■飛影さんとゆきなちゃんは双子だった説

垂金編で飛影と雪菜ちゃんは兄弟である事が判明しましたが
作中で飛影はこんな事を言っていました。

飛影
「雪菜はオレを知らん これからも知る必要はない
もともと母親がちがうし、氷女は氷河の国から出ないで暮す
しきたりがあるからな

●飛影さん双子説

しかし、後半ではいきなり飛影と雪菜ちゃんは双子であった
と語られ、産まれたときから自分を自覚していて

周りの氷女を消すことができるくらい強かったらしいです。

双子なのに、母親が違うって
これは一体どういう事なのでしょうか?

まぁ、これはただの設定ミスという事なのでしょう