ゆうはく、強いようで、やっぱり弱い爆拳さんについて語ります

コアなファンがいる、有名な忍者妖怪である
爆拳さん

蔵馬曰く少し強いとかではなく
バカよばわりされている、雑魚妖怪です。

アニメ版では結構強く描かれている風でしたが
それでもトータル的には弱すぎる彼について
語っていきます。

■爆拳さんは霧NINJA最強と言われている事をご存知でしょうか?

蔵馬さんが語っていたのですが
魔将使いとは仮名であり、奴らの正体は魔界の忍びらしいです

妖怪同士の勢力争いの影で暗躍する戦闘集団 魔界忍者
しかも、魔界忍者の中でも最も恐れられている修羅の怪らしいです

随分大層な肩書きですが全員良くてB級妖怪かC級妖怪レベルです
一体、どの国のどの勢力が彼らを、特に爆拳を恐れていたのか
まったくわからないレベルといっていいでしょう。

●魔界でも最も有名なしのび?

そして飛影さんもこんな事を語っていました。

奴ら魔忍は命をかけた闘いの前に一番弟子に自分の奥義をたくし
部隊を維持する、それをくりかえせばあんな奴らもでてくる

呪氷使い・・・かつておれが倒した青龍とは比べ物にならん
らしいです

しかし、みなさんご存知のとおり爆拳さんの
唯一無二の能力は霧で自分の身を隠し、相手を攻撃するだけです。

浦飯みたいに霊感能力が低い相手にはそれで多少は通用するかもしれませんが
桑原みたいに、相手の妖気を高い精度で感知する相手には通用しません

こんな程度の技が霧忍の奥義であり
一番弟子が爆拳である現実はとても悲しいと思われます。

霧忍をなのるなら、せめて霧の中では相手の年齢を若返らせるとか
幻影をみせて相手をホンロウするとかそのぐらいの事は
してほしいなと僕は思いました。

■実際の試合での爆拳さんの活躍を振り返る。

アニメ版では爆券さんの出番は増えていたので
アニメ版で解説していきたいと思います。

蔵馬を軽く破った爆拳さんは第4試合で爆拳と対戦
いきなり奥義である霧を出す奴を発動させました。

桑原さんは
「妙な気配を感じる」とか言ってましたが

発動させるために、めっちゃ時間がかかってました。
3秒や4秒で発動するならまだしも

体感時間で1分近くかかってしまいました。

●発動するのに時間かかりすぎなうえ無防備な爆拳さんの姿

オーナーである豚尻さんは
「爆拳には奥の手がある」とか言ってましたが

発動に1分近くかかっていては話にならないと思われます。
発動中に防御力があがるわけでもないし、無防備です

これじゃあD級妖怪と思われる乱童さんの
小さくする奴よりよっぽど使い勝手が悪く雑魚です。

ちなみに技名は
修羅忍術 白煙の霧です。

一応ドーム内全体を包む事ができたので
結構範囲は広いんですが、考えてもみたら
これって建物内でしか効果ないですよね?

外だったら、この技がどこまで有効化はわかりません。

そんなよく分からない業をつかった爆拳は
無防備の浦飯を攻撃、いがいにも浦飯はダメージを食らったので
想像を絶するほどパンチ力が低いわけではないようです

漫画版だとこんな雑魚技にレイガン使うの?と思ったのですが
アニメだと範囲規模がでかいのでレイガンを使う事が
不自然ではないように補完はされていました。

レイガンを使われてピンチになった爆拳さんは
原作よりも小物になっていて

へへへちょっと興奮しちゃって何したかわからねぇんだ
にくわえて、嘘なきまでかまして、浦飯をごまかしたあげく

レイガンで壊れたリングのかけらを手にもって
浦飯を攻撃するという小物っぷりでした。

●小物感MAX

もちろん、これも通用せずに原作どおりに爆拳は破れ
浦飯選手の勝利におわりました。

使い勝手で時間がかかる技をはなち
あげく、嘘泣きまでかまして不意打ちをかけ
命乞いをしたあげく負ける男

この小物感の凄さは見習うべき点があるのではないでしょうか?