ゆうはく、暗黒武術会の対戦相手で一番汚いのは吏将さんだった説

暗黒武術会で浦飯チームの対戦相手は
汚い戦術の選手が多かったように思われます。
その中でも吏将選手は圧倒的にひどかったです。

■吏将選手が汚い理由

Drイチガキ、ロト、も相当極悪だったと思うのですが
彼らはあくまで試合の中で対戦相手を倒すという
パターンでした

Drイチガキは人間の戦士を無理やり改造して
ロトは蔵馬の母を人質に取ってはいたものの
試合の中での出来事でしたから

まだ、浦飯チームに勝利の可能性はありました。

ところが吏将選手は
その試合さえ浦飯チームに許さなかったのです。

●闘わずして勝つという一番卑怯な手口をつかった吏将さん

吏将

「相手はもうへろへろだから、案ずるな
どうしても勝ちたければ、私にいい考えがある」

みたいな事を言い出して無理やり
浦飯vs陣戦を両者10カウント負けにしてしまいました。

最も、吏将は提案をしたのみで
実行にうつしたのは豚尻さんでしたが
吏将の策略?と言ってさしつかえないのでしょう。

そもそも浦飯はレイガンを4発うちきって
霊力はほとんど残っていない状態です。

そんな浦飯を倒せるかどうかわからないから
試合をせずに、相手を負けさせようと判断したのでしょう。

吏将さんは

そんな甘ったれた考えでどうする?
目的は勝つことだ、楽に勝てればいいんだよ

みたいに言ってごまかしていましたが
本当は陣を倒してしまった浦飯に
ちょっとびびっていたに違いありません

大将クラスという触れ込みは一体なんだったのでしょうか?

■他にも汚い選手が多かった暗黒武術会

上記の通り、吏将さんは戦いすら許さなかったわけですが
その他の選手も大概です。

ロトさんは、なぜか、ほんの数日前に対戦する事を知った
蔵馬さんの母親を人質に取るという手口を取り

蔵馬の美しい顔に傷をつけていきました。

●なんでそんなに蔵馬さんの事に詳しいのだろうか?

人質戦術はDrイチガキも行っていますが
ロトさんの場合、人質自体を救う方法が
ロトさんのいいなりになるしかないパターンだったので
相当悪質だったと思います。

しかし、みなさんご存知の通り
蔵馬のハメ手にうまいことやられ
結構簡単にやられてしまいました。

蔵馬の人間界での名前が南野秀一であること
母親を慕っているので、母親には弱い事を
わずかな期間でしらべあげ、対策したにもかかわらず

蔵馬の植物の能力に関する調査を怠り
ひにくだね悪党のちのほうが綺麗な花が咲くと
いやみをいわれてしまいました。

そして、裏浦島なんかもかなりの酷さを誇ります
裏浦島はよくわからんお涙頂戴の話を蔵馬に聞かせ

蔵馬の油断を誘い、攻撃
その後はわざわざ結界を張り、逆玉手箱という
チートアイテムで蔵馬を無力化して倒そうとしました。

もし蔵馬のようこ設定がなければ
そのまま簡単に撃破してしまったかもしれません

実は裏浦島って結構やるんじゃないかと
今は思っています。

■逆に正々堂々としていた人たち

暗黒武術会の対戦相手で一番堂々としていたチームは
以外にもトグロチームだと思われます。

六遊→ぜる、りんく、ちゅうはいい人だがロトが最悪
Drイチガキ→イチガキは極悪
魔将→吏将は細工
うらおとぎ→うららしまはちょっと

トグロチーム→とぐろ兄は卑怯っぽいんですが挑発しかしてません

●ただ無防備な状態で桑原を怒らせただけ、上記の人たちよりはまだまし

上記の通り、とぐろ兄は極悪非道なイメージはありますが
ちょっと挑発して自分の能力で桑原をとらえただけです

へどが出るぜ、みたいに言われてましたが
吏将、ロト、イチガキ、裏浦島に比べるとよっぽどマシでした

残虐非道にいわれる兄ですが、試合のなかで普通に戦った結果の事だったので
汚いとはまた別です。

トグロチームが暗黒武術会で一番正々堂々と
浦飯チームと戦ったという結果に終わりました。