ゆうはく、もしゼルさんが黒龍波を防いでいたらどうなったのか

原作では黒龍波一発でやられてしまったゼルさん
もし、黒龍波を防ぐ事がどうなっていたか
シミュレーションしてみました。

■暗黒武術会1回戦第一試合中堅戦 ゼルvs飛影 開始

ゼルだ
ゼルが早くも出てきたぜー

やつが大将じゃないのか
じゃ後のふたりはもっと強いのかよ

いや・・・ヤツがあの中で一番強いのは確かだ ~略~

「スミクズにしてやる どうだ声もでまい
ネズミには一生ねり出せん妖気だろうが」

「ごたくはいい こい」

「バーニング
く・・・笑止な・・・相手にならんな」

「いい腕だころすにはおしい・・・が」

「な・・・なんだと」

「喜べ貴様が邪王えんさつけんの犠牲者1号だ」

「見えるか!?貴様の火遊びとは一味違う本当の炎術だ」

「う・・・・あ」

「くらえ えんさつ黒龍波ーーーーー」

———-ここからがIFストーリーです———-

飛影
「ふっ 笑止な相手にならんなっ
・・・なんだと」

ゼル
「いい腕だ ころすにはおしい・・・だがっ」

飛影
「俺の黒龍波を吸収しただと!?そんな事できるの?」

ゼル
「勘違いしているヤツもいるが黒龍波はただのとび道具ではない
術者の妖力を爆発的に高める餌なのさ
お前の黒龍波は吸収した

見えるか?貴様の本格的な炎とは違う、お遊びの炎は
人間界の炎をなめるなよ」

●人間界の炎をなめるなよ

飛影
「う・・・あああ」

飛影はそんなこと言わない!

ゼル
「火掌発破拳 とぉ」

幻海
「む・・・あの技は、達人が半生を賭けて会得した割には
たいしたことのない技だ」

消される飛影

ゼル
「まじかよ、他にも技あるんやぞ ゲームでは
流星のように降り注ぐ炎とか回転しながら相手を攻撃する
炎もあるのに終わっちゃったの・・・」

●ゲームでゼルさんが使用した技

幻海、浦飯
「飛影でさえ、こんなにあっさりやられちゃうの?
冗談じゃねぇ、ゲストだから優遇されてると思ってたのに

戸愚呂と対戦できるっていうからきたのに
こんなの詐欺だ」

トンっ トンッ
首トンされて眠る浦飯と幻海

ざっ

飛影
「貴様は牙野」

●登場するバトルマスター牙野さん

牙野
「俺が弱いのはじゃんけん(霊感能力)だけだ
喧嘩はつえぇ、まじでつえぇぜ」

司会
「今の状況を解説させていただきます
浦飯チームは補欠を幻海選手の家にあるじゃんけんゲームで
決めたと言うエピソードがあり

たまたま補欠にはなっただけで実力なら
牙野選手が自称NO1との事です」

牙野
「ふっ、ゼルの出番が終わった今、残りは雑魚そうないまじんと牙王だ
流石にこいつらが相手なら、俺のごうわんなんちゃらで
倒す事ができる。貰ったぞ」

ぷしゅー
消されるいまじんと牙王


「喧嘩は命がけだからおもしれぇよな
俺が弱いのもじゃんけんだけだ、喧嘩はつえぇ まじでつえぇぞ」

牙野
「えぇー、こいつ実力的にはゼルクラスじゃん
こんな強いやつがいるなんて聞いてないんですけど・・・」


「ナイフエッジデスマッチで決着つけようや
シンプルに殴り合いしようぜ」

牙野
「あの、ナイフとか怖いし、俺は格闘家だから
武器とかはなしの方向性で・・そのごめん 降参する」

牙野選手ギブアップ
よって3-1で六遊怪チームの勝利です!!

というような感じになると思うんですよ※なりません

ただ、ゼルvs飛影は僅差だったので
ゼルが同じ炎使いとして黒龍波をかいならすほどの

炎の妖気を会得していれば
黒龍を吸収して飛影を倒せた可能性は
わずかにあると思われます。