サイケまたしても、アナちゃんがかわいいので語る

蜜柑ちゃんより後の登場になったが
実質、サイケまたしてものヒロインとなった
アナちゃんもかわいいので

彼女について語っていきます

■アナ・エガートンちゃんがかわいいので語る

○初期のころのアナちゃん、黒田ユメヲの仲間

アナちゃんは最初、ネガティブレインというサイケと対立している
超能力集団に所属していた

最初はサイケの事を危険視して一刻も早くサイケを倒し
能力を消そうと目論んでいた

アナちゃんは、能力に対してよい印象をもっておらず

能力を行使すれば、周りに悪い影響を与える
だからサイケの能力をユメヲに消してもらおうとしていました

○アナちゃんのガムテープ能力

アナちゃんは物質をガムテープにする能力を持っています
私のガムテは貼るも剥がすも自由自在

・ガムテープはハサミできれない
・ガムテープは炎できれない
・その他ノコギリでもきれない
・発動条件は物体に触れること

でもガムテープの繊維に対して
45度に切り込めば切ることができるという弱点を抱えていました

ちなみに、これを知るために227回もサイケ君はチャレンジしています

○1年前のアナちゃん

アナちゃんは1年前、今のようなクール系ツリ目ではなく
かわいい系のツリ目ツインテール美少女でした

当時ヒトミちゃんという友達がいたんですが
ヒトミちゃんは100メートル競走の選手だったんですが

ライバル選手に勝てるかどうか分からなかった

アナちゃんはヒトミを勝たせるために
ライバル選手の足をガムテープで固定

ガムテープ能力を教えてもらっていたヒトミちゃんは
アナちゃんがガムテープを使ったので競争には勝てたんですが
隣の選手を邪魔したと思われて失格処分となりました。

そのことからアナちゃんと仲たがいしています

○アナちゃんがサイケの仲間に

アナちゃんは能力を使い、崖からおちピンチにおちいった
タイヤの人を助けた

その際、きみの能力で人を救えるんだよ的な
くさい台詞をサイケに言われて、すぐその気になり
サイケの仲間になった

ツンツンして、能力が人をだめにするんだ!!的な態度だったのに
ちょっと説得されただけで、元いたグループをやめ
サイケグループに加入しました

この結構ちょろいところがアナちゃんのかわいい所です。

しかたないから来てやったぞ、葛代サイケ
べ・・・別にきたくてきたわけじゃないんだからねっ
お・・・お前が能力を使って人助けするっていうから

仕方なくきてあげたんだからねっ
勘違いしないでよねっ

○すでにデレはじめている、ツンデレ、アナちゃん

ちなみに、氷頭栄治さんにはデレていないでようで

自分の価値くらい自分で決めろよというくさい台詞をいわれたときは

なんだその歯の浮くセリフ。バカだろお前。みたいなノリでした

キミの力で人を救えるみたいなくさいセリフをサイケに言われたときは
すぐ陥落したのに、氷頭君にはデレがたりない所もかわいいですね

○おまけ4コマでのアナちゃん

みなさんご存知の通り、アナちゃんは普段から
ライトゴスロリ系のファッションです。

サイケ君がそれカワイイよねといった所

な・・・なんだそれ!?
そ、そんなこと言ってもガムテープしか出ないぞ!?と
てれていてかわいかった

ちなみに氷頭君もカワイイといったところ
アナちゃんは氷頭君の顔にガムテープをはりつけ
ルンルン気分で、少しデレていた

○イゴールとの関係

黒田組のイゴールというマトリョーシカ能力を使う
ロシアの傭兵みたいな人がいたのですが

イゴールはアナちゃんの事をかなり気に入っている風だった

お前は確実に・・・私の ドストライクだ
私のハートをまんまと盗みよって
お前の魅力はあふれ出ているんだぞ

と、やたらアナちゃんをプッシュしていた

だが、アナちゃんはボーズのロシア傭兵(16)には興味がないようで

妻になれとプロポーズされた際にはしっかりと拒否をした
だが、イゴールはアナちゃんの魅力をあきらめていないようで

去り際には
アナ。いつか嫁に貰いに来るぞ。と言っていた

来んな!!!

○作中でサイケ君の元気がなくなったとき

お前が元気ないからデートに誘ってやった
という事にして、サイケ君とデートをした

パフェ屋で甘いものを食べたときは
アナちゃんとは思えない顔をして喜んでいた かわいい

ちなみに、一人でパフェ屋にくる勇気はないが
ゴスロリを普段から着用するのに勇気はいらないようだ

周りの男女もアナちゃんのゴスロリをじろじろ見ていたので
アナちゃんはかなり人気者だった