新テニスの王子様、仁王雅治について語る

新テニスの王子様になってからどんどん
強くなる仁王雅治さん

彼の活躍を振り返っていきたいと思います

■新テニ、仁王雅治、柳生さんと対戦する

もうすっかり忘れられている元手塚クラスの男
柳生さん

柳生さんと仁王は生き残りをかけて
シングルスで対戦しました

しい太君という立海の1年生は

「立海大付属が誇るこのダブルスペアも現在6-6」完全に互角でやんす

と興奮気味です。

ただ、立海が誇るダブルスという触れ込みですが
全国大会決勝戦、仁王さんはシングルス2で不二君と対戦したんで

ダブルスで試合しなかったんですけどね

そして試合では何と仁王さんが負けてしまいました

vs柳生戦ですが、なぜか仁王は最後までオリジナルのままでした
多分、手塚になって零式ドロップと手塚ゾーン使ってたら
勝てたんじゃないかって僕は思うんですけどね

所詮、オリジナルの仁王はちょっと速いだけのレーザービームが
打てるだけの存在という事なのでしょうか?

それから、試合中なんですが、なぜか仁王さんは血のりを利用して
怪我をしている風を装い、柳生さんを油断させていました

出番が0のジャッカル桑原さんは

「あ あれは血のり!?足の怪我はペテンかー」とか

いいだしましたが、テニスの試合で流血するっていう事が
そんなにおこらないと思います

※ましてや足から血がでる状況はちょっとね

■仁王雅治、大石さんとダブルスを組む

仁王さんはU-17日本代表下位ナンバーの陸奥兄弟と
対戦

3番コートの鈴木とか鷲尾が

「あんたたち中学生が敵う相手じゃなかけんっ
 まずはシンクロというのができる様にならんと・・・」と言い出します

いやシンクロって絶体絶命うんたらの設定じゃなかった?
何でまれに起こりうるダブルスの奇跡がそんなぽんぽん出せるの?

○仁王さんはシンクロが出せる

※立海が誇るダブルス1、丸井ブン太、ジャッカル桑原もシンクロが出せないのに
なぜか仁王さんはできるようになってました。

菊丸に変身した仁王はそのまま陸奥兄弟を相手に多少闘えたのですが

シンクロ同士だと強いほうが勝つじゃんと言われ
そのまま押し切られます。

でも、本当に陸奥兄弟はヤバイです
双子だからお互いの動き・思考までもが手に取るように分かるらしいのですが

それだけに留まらず、普通に空中浮遊とかしてますからね
それってシンクロじゃなくて、舞空術じゃん、シンクロ関係ないじゃん

そりゃあ初期のころシンクロと言えば、ちょと空中を浮くような感じだったけど
鷲尾とか鈴木とかそこらへんの人たちのシンクロはそんな描写なかったじゃん

○陸奥兄弟は空中を浮くことができるのだ

その後、陸奥兄弟に苦戦した仁王は陸奥兄弟に変身して
陸奥兄弟とシンクロするという謎の技を出し

その考えを大石に伝達
何やかんやでかってしまいました。

「バカなっ私達とシンクロしてるだとぉ!?」

■仁王雅治、跡部さんとダブルスを組む

シンクロをマスターしてダブルスとして成長した
仁王は、跡部と組んでU-17日本代表NO9越知、NO10毛利ペアと
ダブルスで対戦しました。

2軍選抜
手・・・仁王雅治
跡部景吾

対するU-17日本代表
NO10、毛利
NO09、越知

※この時点で仁王は手塚に変身しています。

しかも仁王はゼロ式ドロップに加えて、ゼロ式サーブも
できるようになっていました。

○におうのイリュージョンは限りなく本物に近づいている

ゼロ式サーブを使いあっという間に1ゲーム
とってしまいます

○プロ並みのサーブ打つやんけ!!

プロ並みっていうけど、プロではゼロ式サーブが普通の技なの?
プロって一体

しかもゼロ式サーブと手塚ゾーンを併用していますので
仮にゼロ式サーブを返せたとしても、跡部、仁王の攻撃が
続くというプライスが付いてきます。

しかし、高校生チームは相当強く
ついに仁王は手塚の最強技、手塚ファントムを出さざるを
えない所まで追い詰められました。

我々の打球を全てコートの外へはじき出すつもりか!?

手塚の精神力をもイリュージョンで・・・と真田さんは
ギャグをかましてきますが

精神力が高いのは仁王さんなので
オリジナルの仁王さんを褒めてもらいたいと思います。

○手塚ファントムは手首に負担がかかる

みなさんご存知の通り、手塚ファントムはゾーンよりも
ボールに回転をかけなくてはいけないので
仁王は1試合でかなり疲弊することになります。

辞めるんだ仁王君っ!?もうこれ以上ファントムを打ったら・・・
バトル漫画で死力を使い果たす戦士みたいな扱いを受けます

その後、なぜか樺地君が試合に乱入したり
仁王が越前に化けるサプライズなどがおこり

仁王はもうサーブする打てない状況においこまれました

審判のコールから90秒以内にプレイを始めないと
相手のポイントなんやろ、仁王はもうサーブもレシーブもできない
跡部がどない1人でがんばっても、跡部さんのサーブゲームでしか
ゲームを奪えない

観戦している人はそう言いますが、
つまり、もうすでに負けが確定しているという事です

だって、仁王はもうサーブもレシーブもできないんですよ

負けや仁王 おれとるわっ
っていう話ですよ、完全に棄権するべきです

しかし、この試合は普通じゃない、仁王は確かに動けなくなりましたが
シンクロすることで、跡部を援護
試合に勝利することとなりました。

動けない状態でシンクロしても関係ないじゃん?
って思われますが、これはそういう漫画なんで、それでいいと思われます。

■仁王さん、跡部さんと一緒にペテンを働く

ある意味伝説となっているvsオーストラリアD1
不二周助、跡部圭吾のペアが始まるわけなんですが

あのやろうこの試合オリジナル(仁王雅治)で行くきか
観客の跡部(仁王)が
試合にでている仁王(跡部)に驚いています。

この試合は本当に意味が分からないのですが
分かりやすく解説すると

○跡部が仁王になり試合を行い
 仁王が跡部となり試合を観戦しています。

もちろん、仁王が跡部になれるのは分かるのですが
跡部が仁王になれるのは意味が分かりませんでした。

しかも試合を観戦している真田は

仁王(跡部)に向かって

「なぜ、徳川先輩や手塚になって闘わないのだ」
「俺になれ、手塚になってたたかわんかー」

とかわめきだしますからね
それ跡部だから無理いわんといてくださいよ皇帝

跡部は仁王になるのが精一杯だから
多分手塚や徳川先輩になる事はできないです。

しかも、オリジナルでいく気か?とかわめいてのに
最後は跡部となりて、乾のメガネを割り試合に勝利する
謎展開でした。

この人たちペテンを働きすぎですよね
この茶番に付き合わされた乾さんが気の毒です。