新テニスの王子様、丸井ブン太について語る

いきなり試合中にガムをかみ始める男こと、丸井ブン太
天才的なボレーテクニックを扱うが
いまいち地味である彼について語ります。

■丸井ブン太とキテのペア

丸井君は4つの肺を持つ男と言われるジャッカルを見限り
新テニスの王子様では木手君とペアを組んでいた

ちなみに、いつよびだしたか分かりませんが
丸井君は木手の事をキテレツと親しげに呼んでいます。

ジャッカルでさえあだ名で呼ばないのに
木手はあだなよびです

いかに、丸井が木手をプッシュしているか
分かると思います。

●ジャッカルに対しては、試合すらさせようとしない

そもそもジャッカルに対しては
試合をする前に

ジャッカルが味方同士で戦うことはできない

だから、ジャッカルは棄権する、という感じにして
不戦勝を狙う程度の関係でしかありませんからね

「コーチ やっぱ仲間同士で闘えません、帰らせてもらいます ジャッカルが」

■vs君島、遠野ペア

シャッフルマッチダブルス2、遠野、君島ペアと戦うことになったブン太ですが
いきなり君様こと、君島さんにサインを求めます。

サ サインいいですか?とボールを差し出す
丸井君、非常にマイペース

そして試合が始まるわけなんですが
遠野さんが放ってきた、処刑法その13ギロチンに対して

いきなりボールにガムをつけるという離れ業をやってのけました。

マナー的にボールにガムを付けるというのはどうなのでしょうか?
これはテニスではなくテニプリなので

ある程度マナーに関しては許容されていると思われますが
この行為を実際に試合で行った場合どうなるのか気になります。

●ボールにガム マナー違反

防御の木手、攻撃の丸井の相性はいいようで
縮地法でボールを木手が拾いまくり、ブン太が決めるべきチャンスで決め

いきなりサービスをブレイクします。

妙技綱渡りはまじで久しぶりに出てきた技だったのですが
この技はかなりの弱ワザで

わざわざネットの上を転がすので隙が結構あります
鉄柱あてのほうが動きが予測できないのでやっぱり強いと思われますね。

綱渡りが弱ワザである事をみぬかれたのか

君島は

「そのワザまた見せてくれないかな?と丸井に交渉し」

丸井君も調子に乗ったために、なかなかポイントが取れなくなっていった

そうこうしているうちに、木手が敵に回ってしまったために
ダブルスながら3対1になってしまったブン太はいきなり

攻撃のためではなく、ボレーでの鉄壁の守備の為のワザ

ワンダーキャッスルを繰り出します。

●ワンダーキャッスル

観客がいうには
「アイツ全ての打球をネット際で一人で帰してやがる
 木手は丸井に攻撃できない、あれなら実質2対1だ」らしいです

このポージングはかなり謎なんですが

丸井君がやっていることは、ようはボールを拾いまくる
というだけです。

派手なエフェクトがあるわけでも、ボールが光るわけでも分身するわけでもありません
何というか、かなり地味です。

鉄柱あてや綱渡りが現状、かなりの地味ワザになっているので
ワンダーキャッスルというくらいなら、お城ぐらいは召喚しないと
お話しにならないと、ボクは思いました。

現状お城に住んでいる跡部キングダムの跡部さんが
氷の世界を出したり、乾のメガネを割ったりしてますからね

今ならリアルキャッスルが出てきてもテニプリでは驚くに値しません

観客
「丸井が巨大な城を召喚しやがった!?
 この城壁はひとすじなわでは壊せねぇ」

ちなみに、このポージングの意味ですが
ブラインド程度のいみしかなく

味方に舞い戻った木手のスーパーショット、オオハブの動きを
相手にみせづらくする程度の価値しかありませんでした。

その後、丸井は遠野先輩のラケット攻撃を受け
目を負傷するのですが、君様に試合前に交渉を受けていたので

遠野のお皿を攻撃
ダメージを追いながらも、幸村の手術権をかちとりました。

そういえば、ブン太君は目を負傷して包帯したんですけど

昔、青学vs不動峰戦で越前が片目を負傷して血を流したときは
リョーマ君が不戦敗になるところでした

今のテニプリは片目をけがして流血しても審判が止めようともしないので
そこのところどうなんだ?という突込みが入ります。