新テニスの王子様、遠野篤京について語る

コート上の処刑人という厨二的なあざなを持つ
遠野先輩、テニスも破天荒である
彼について語っていきます。

■遠野さんと君島さんのダブルス

1軍vs2軍のシャッフルマッチ
ダブルス2で君島さんとペアを組んで登場した遠野さん

ダブルス3でいきなり負けてしまった
毛利、越知ペアにボールをぶつけてきました。

そのボールを撃退した木手は

「これ以上のオイタは止めなさいよ」と言い出します。

みなさんご存知の通り、木手を含む
比嘉のめんめんは対戦相手の監督にボールを放ち

監督続行不可能にさせる、汚い手口を使ってきました
じっさいに、名前も思い出せない六角の監督は戦闘不能

竜崎監督もボールをぶつけられる所でした。

試合中、対戦相手にボールをぶつけるのは問題ないですが(テニプリ的に)
監督にボールをぶつけるのは流石に承諾できません。

上気のような行いをしているにもかかわらず
なぜ木手は正義の味方ですというような態度が取れるのでしょうか?

リーゼントのメガネにおいしい所を奪われてしまった遠野は
いたくごりっぷく

●「リーゼントのメガネ・・・来な!」 と指名をいれました。

公開処刑のお時間です

試合開始と同時に処刑法その13 ギロチンをかます遠野
キテとダブルスを組んでいる丸井君にボールをぶつけました

キテ
「そういうの有りですか・・・」もちろんありです

それから、遠野さんはサーブの掛け声も特徴的で

ヨロレイヒィーッ!!とい掛け声と共にサーブを放ちます
氷帝の樺地さんは、イッとかアッーとか言いながら
サーブを放っていたと思いますが

ヨロレイヒィーッ!!はテニプリでも
かなり異端な掛け声ではないでしょうか

そして、試合は続くわけですが、途中でなんやかんやあって
キテが丸井を裏切り、遠野側につき

丸井ブン太を攻撃、さらに遠野君も電気椅子で
ブン太に攻撃をし

徹底的に、まずはぶん太狙いの攻撃を見せます。

周りのギャラリーは
こんなのダブルスじゃねぇ!?

あれじゃ完全に3対1だっ!! と言ってましたが

陸奥兄弟のダブルス戦の時点で

「ばかなっ!?私達とシンクロしてるだとっ」

3つ子のシンクロを見せてますので
今更3対1とかやられても、それはすでに通った道と言えるでしょう

ちなみに、キテの裏切りは
実は遠野を油断させるための罠だったわけですが

それを知らない、遠野は順調に処刑をつみかさねます。

処刑法その11アイアンメイデン
処刑法その10聖アンデレの十字架

等、いろいろなワザを放つのですが
特に特徴がない打球ばかりなので、電気椅子との違いは
よくわかりませんでした。

むしろ、処刑法とかいうワザよりも
遠野先輩が汗でラケットをすべらせた際に、ブン太に当てたラケットのほうが

よっぽどダメージ的に上でした

●手を滑らせた際にラケットを放出、ラケットがブン太にヒット
むしろこれが決定打

最後はブン太の怒りの攻撃をひざに当てられ

「ぎゃああああああ お皿がぁあ お皿がぁぅぉえ・・・」という
うめき声をだし、しばらく再帰できないダメージを追います。

■vsギリシャ 切原とペアを組む

再帰できないダメージを追ったと思われた遠野先輩ですが
なぜか普通に代表に選ばれ

ギリシャのステファノプロス兄弟と対戦することになります

ちなみにこの試合ですが
遠野先輩(高校生)
切原(中学2年生)

アポロン・ステファノプロス(中学3年生)
オリオン・ステファノプロス(中学2年生)なので

唯一遠野先輩だけが高校生です。

遠野先輩は一人だけが高校生であることをいいことに
ワカメ野郎(切原)を電気椅子で沈黙させ

全員まとめて処刑してやると気合十分です

ちなみに、この処刑ワザですが

1・切腹
2・じゅうさつ
3・生き埋め
4・苦痛の梨
5・コロンビアネクタイ
6・セメント靴
7・ファラリスの雄牛
8・ウィッカーマン
9・松の木折り
10・聖アンデレの十字架
11・アイアンメイデン
12・電気椅子
13・ギロチン

の13種類があり、13種類のワザをうけた相手は
腕一本動かせなくなるという特徴があります。

そういえば、黄金セイントにもいましたよね

スカーレットニードルとかいう15発相手にあてて
ようやく勝ち確定と言う弱ワザを持つ男が

遠野先輩もそれと同じ系統であると考えると
テニプリにおいて、実はかなりの弱キャラなのではないでしょうか?

デュークホームランとか一発あてれば勝てそうですからね

そんな遠野さんは、対戦相手ギリシャの中学生の
「願いの皿割り」を食らい

ここでもお皿がぁぁ お皿がぁうぉえ・・・と

お皿にダメージを食らい、悶絶することになります。

●お皿芸人になっている遠野さん

ただ、悶絶しながらも着々と処刑ワザをアポロンさんにあて
最後は処刑を完了させました。

「う うごけねぇ・・・ 指一本すら動かせない!?」

アポロンさんは驚愕していたわけなんですが
これと同じような現象は幸村でも発動させることができますからね

テニプリとして5感を奪うのはそれほどレアワザではなくなってきています。

それから、この処刑法は相手の髪にぶつけた場合は効果がなく
体に直接あてなければ、意味が無いという設定もあったので

ギリシャの中学生(弟)はなんとか無事でした。

最後は切原が決め、遠野先輩はリタイアすることになったのですが
作中で遠野さんは全勝で出番を終えることになります。

遠野さんはフランス戦で、君島に対して

「ガキのお守りは大変だったろ?だが負けは負け!」

とか言い出しましたが
遠野さんのこれまでの試合において

対戦相手は全て中学生でした。

今まで自分は雑魚がりしかしてないので
君島さんの敗北をせめることはできないと思われます。