テニプリ、現在の乾があまりにもかわいそうな件について

新テニスの王子様になってから出番が激減した
乾さん、出番が減るだけなら海堂も一緒ですが

乾さんはかなりかわいそうな目にあっているので
そこの所を詳しく解説していきます。

■vs観月

聖ルドルフのマネージャーながら、なぜか代表合宿に呼ばれていた
観月君と乾は対戦

乾はあらかじめ作ってきた乾汁を試合前に摂取したためか
腹痛を起こし不戦敗となってしまいました。

この人試合前は結構ぴんぴんしてたのに
なぜ試合前に危険な乾汁を飲んだのか理解に苦しみます。

ただ、策略家である観月君が
美しい勝利です、と言っていたので

乾汁をなんらかの方法で乾に飲ませた可能性が浮上しました。

●試合前になぜか乾汁を摂取する乾君

○その後崖の上へ

崖の上へ送られた乾はコーチの気まぐれで2対30ぐらいの
ダブルスをやるはめになりました。

※状況は乾、柳のペアvs高校生30人くらいです

やられた味方のデータを元に、柳と一緒に高校生をホンロウしていきます
「イレギュラーバウンドで俺達がミスする確率・・・・」0%

いっきに相手の高校生を9割方撃破する乾と柳でしたが
これまたコーチの気まぐれで試合終了

もう少しやってれば勝てたのに、試合に敗北してしまいました。

乾「俺達の活躍でここまできたのに」なんでいい所で試合終了なん?

そう思ったに違いありません

■vsあくと先輩

乾にとって最も不憫な試合、それは
2軍選抜vs1軍下位の試合です

柳は切原をカモに出来るくらい強いのですが
三津谷あくとという日本代表NO17という微妙な位置にいる先輩に敗北

「このオレが勝利する可能性は0%だということを」

そこで、柳は途中からやってきた乾に試合を託します

「後は頼んだぞ はかせ お前の勝率は33.1%」

みつや先輩

「この数ゲーム れんじは君にデータを託していたようだ
いいだろうキミ!れんじを寝かせたらコートに入りなさい えーと・・・」

「青春学園テニス部3年・・・・乾貞治」
とめっちゃイケメンなページで格好をつけました

●乾史上トップクラスのイケメンページ しかしバッジは柳の元へ

しかし、この後試合が描かれることはありませんでした。
読者は勝率33.1%の試合が観たかったにもかかわらず、完全にスルーされます。

それだけではありません。
試合は最終的に乾の勝利に終わるのですが

上の画像の右側の通り、試合に勝利しバッジを受け取ったのは乾では
柳さんだったのです。

乾は
「33.1%の試合に勝利したのはオレのほうなんだけど
なんで柳がオレのバッジ持ってるの?」という風に思ったことでしょう。

みつや先輩に勝ったのは乾なのに代表権のバッジは貰えないし
乾、柳共にレギュラー落ちになりました。

その後、1軍メンバーが負傷したのでU-17日本代表の
補欠を選ぶことになったのですが

柳に勝利した三津谷、三津谷に勝利した乾ではなく
代表に選ばれたのは柳の方でした

ここは乾を選ぶべきじゃないのか?

乾は試合は描かれないし、代表にはなれないしで
散々な扱いを受けます。


「オレが追加で代表に選ばれる確率・・・・」
オレの人気的に0%だ

という事なの?悲しい

■氷のエンペラーで乾のメガネが割れる

代表選手に選ばれなくともナンパ対決の時は
メンバーのためにドリンク(乾汁)を作ったり

メディカルチェックをしたり
甲斐甲斐しく働く乾さんでしたが

vsオーストラリア戦では
ただ試合を観戦していたにもかかわらず

跡部様にメガネを割られることになりました。

跡部様の新技氷のエンペラーはなぜかガラスを
破壊するという破壊属性があり

電灯と共に、乾さんのメガネを破壊していきました。

●乾のメガネが割れた!!

乾はここまで何も悪いことをしていないのに
この有様です。


「跡部、お前のデータも取らせてもらうぞ」

跡部
「氷のエンペラーだ、乾、オレ様の美技に酔いな」メガネパリーん

多分、この時、メガネの破片でダメージを追ってしまった乾は
その後試合ができなくなり、追加代表に選ばれなかった可能性もあります。

海堂よりはネタにされながらも、試合は描かれない乾さん
彼は新シリーズになってから、かなり不遇な扱いを受けています