新テニスの王子様、手塚国光について語る

新テニになってからますます強くなっている手塚部長
について語っていきます。

■手塚vs海堂

ほとんどの読者が忘れているのですが
新テニで、手塚が一番最初に戦ったのは大和先輩ではなく海堂君です

生き残りをかけて、海堂君と戦いました。
作中で海堂君は苦し紛れにボールを返すのですが

なぜかOUT確定のボールを手塚ゾーンで引き寄せて
海堂君とラリーを継続しました。

●手塚ゾーンは相手のミスも計算できる?

不二君は
「手塚は・・・海堂に何か伝えようとしている」と言ってましたが

この試合によって海堂君が、何を得ることができたのかは
まったくわからないまま試合が終了してしまいました

不二クンは
「引き出したようだね」とか言ってましたが
海堂君はその後パワーアップした技を何一つだしていないので

取り合えずそれっぽい事言ってみた程度にしか感じませんでした。

■手塚vs大和部長

元青学の部長である大和ゆうだいと対戦した手塚

大和ゆうだいさんは怪我をしていなければ

中学1年時の手塚よりも強いという設定でしたが
パラメータではALL2というかなりの弱キャラです

そんな先輩に対しても容赦をしない手塚は簡単にポイントを取っていくのですが
いきなり、手塚が空振りをしました。

周りは手塚が空振り!?と驚いていたのですが
よく考えればこれはすさまじくおかしなコマです

●手塚が空振りをしたコマ

信じられないレベルでボールとラケットが離れています。

これは空振りをしたというより、ボールとまったく関係ない場所で
ラケットを振ったとしかおもえません

一応、千歳さんは
それも随分と違う場所で・・・とフォローをいれてましたが
上記の台詞は冷静につぶやいていました

今度はきちんとボールを捉えたと思ったのですが
打球はガットをすり抜けてきました

これは「幻有夢現(げんうゆめうつつ)」という技らしいです

これは特殊な回転をボールにあたえることで、ボールがガットをすり抜ける的な
最強技かと思われたのですが

手塚は才能があるゆえに、相手の動きを予測して次のプレイに入る
ゆえに、大和さんは打つ瞬間、打つコースをわずかに変える

ゆえに、手塚はあるハズもない打球を追ってしまい、ボールを返すことが
できないらしいです。

分かりやすくいうと、手塚は相手を先読みしすぎているので
あるハズもない打球を追ってしまうとの事

手塚君ってすごい思い込みが激しいのです。

しかし、幻有夢現は、才能がある相手にしか通用しないので
荒井君が相手だとするとまったく通用しないことになります

上記の説明だけだとめちゃくちゃしょぼい感じですが
幸村さんは相手のボールを普通に返すだけで幻術をかけますからね

大和ゆうだいさんも幻術使いだと思えば、ぎりぎり納得できる
といったところでしょうか?

この天才に通用する幻術系の技を手塚君がどう返したかと言うと

手塚ファントムです

●手塚ファントム発動

幻も、現実も両方コートの外へ!!と言ってますが

周りのギャラリーは現実と幻の区別がちゃんとついているのでしょうか?

周りの選手も才能がありすぎて、先読みしすぎているのか
それとも、大和君の能力は周りにも影響を与える幻術なのかは

今をもってしてもわかりません

その後、手塚ファントムにくわえて、天衣無縫を使い出した手塚は
普通に大和先輩を撃破

大和先輩は手塚より疲弊していないので、腕は治ってるぽかったのに
なぜかこれが引退試合ということで、代表合宿から去っていきました。

■手塚vsボルク

合宿が終わった後に、ドイツに渡った手塚は
プロ選手ボルクのトレーニングパートナーをつとめていた

この試合を観戦していたジークムントという大層な名前の
スポンサーのおじさんは

ジークムント
「ほうプロにねぇー しかしボルク君がTPにあんな少年を・・・」と
手塚の事を軽んじていた

ジークムントというスポンサーが見ていることに気づいた手塚は
いきなり左に全ての力を凝縮する百錬自得を披露

ボールに超回転をかけ、ボルクプロのボールをアウトにしてみせた

世界のジークムントさんもこれに驚き

ボルクに対して
「我がジークムント社にクニミツ手塚とプロ契約を結ばせて貰いたい」と言い出します。

手塚ファントムと百錬は世界レベルに近い技という事なのでしょう

疑問があるとすれば、なぜスポンサーのおじさんは
プロ契約を結ぶことをボルクに確認したのかということです

スポンサーはジークムントのおじさんなので
手塚が気に入ったなら、即座にプロ契約を結べばいいのです

なぜボルクさんにお許しを
えなければいけないのでしょうか?