ミスフルの牛尾御門(うしお みかど)について語る

十二支高校キャプテンであり
万能ユーティリティプレイヤーである

牛尾先輩について確認していきます

■牛尾御門 初登場

初登場はコミックス3巻から
猿野達が入部した十二支高校野球部で

1年生たちと一緒にトンボがけをしていました
牛尾先輩とは言えば野球ラブと同時に

トンボラブで、トンボを使った素振りを毎日500回
しているほどのトンボラブです。

また昆虫のほうのトンボを使っての素振りもしているらしいと
猿野は語っていました。

猿野は自分達と一緒にトンボがけをしている男を
1年生だと思い

うしおキャプテンに対して、チェリオを買ってきて と
キャプテンをぱしらせようとします。

うしお先輩は、そんなこと気にしなくていいよと
気をつかってる振りをしていましたが

1年生に自己紹介させたときに猿野一人だけをスルーしたり
猿野に部員全員分のチェリオを買ってくるように頼んだり
していました。

●伝説君チェリオ買ってきて

■牛尾部長のトレーニング及び試合

十二支高校は物語序盤、強化合宿を行っており
いよいよ守りのトレーニングで牛尾部長が登場することになる

猿野はここまで出番がないウシオキャプテンをあなどり

意外とキャプテンのくせにへっぽこだったり
キャプテンなのに幽霊部員だったりしたら笑えるな と
キャプテンのことをあなどっていた

実際の守備練習、3球同時ノックだが
牛尾は軟球をみきり
軟球1球だけのボールキャッチだった

3球同時補給をしている蛇神先輩やしばくんよりも
かなり劣るような描写でした。

一応、牛尾先輩は全ての能力が高いユーティリティプレイヤーであり
守備、打撃、走塁、全ての能力が上位で

特に走塁(100メートルバイアスロン)では

とまる同様のタイムをだし4つの的全てにあてるほどの
実力をみせた

バッティングでは145キロクラスの速球を軽々ヒッティング
10球うって、打率9割を記録した

ちなみに、このバッティングトレーニングは
70キロ~145キロまでの球がマシンから放たれるので
ぶっちゃけ、かなりうちづらい

猿野は全球カーブだったのに、1球を打ち返せず終わってしまったことも
忘れてはいけない

そして、牛尾キャプテンは自主練習の時は
お得意のトンボ素振りを披露

ユーティリティプレイヤーだけじゃない、僕はトンボラブなんだ と言わんばかりに
トンボの素振りを部員にみせつけた

●トンボの素振りをするウシオキャプテン、天才

ちなみに、これだけの打力を誇るウシオ先輩だが
なぜかvs1年軍の試合であまり活躍することができなかった

一応、ねずっちゅーことねづの球は軽く打ち返していましたが
球速140キロ前後のいぬかいのボールを打ち返すことができなかった

たしか1打席ぐらいしかヒットうてなかったはずです。

145キロ~70キロの変化のある球を9割の確率で打ち返したとは
思えぬほどの失態を演じました

ウシオ
「これが1年生の球か 信じられん」みたいに言ってましたが
それより強力なピッチングマシンであなた9割も打ったのに?

なんで初期のいぬかいのボールを打つことができないんだと
僕はおもいましたね

■ウシオ部長、初の大会にでる

1年の猿野にサードをゆずり、4番ライトとして、初の公式戦に望む
うしお部長

1打席目はいきなりバントするし、その後も
ラッキーヒットでぎりぎり1塁セーフになるしで

あんまり活躍している雰囲気をだしていませんでした

ウシオ部長が埼玉選抜に選ばれたときは
え?ウシオ部長って猿野より全然出番ないし活躍してないんじゃね?

どう考えても、蛇神先輩の方が強かったのにと僕は思ったんですが

実は結構打率はよかったんですよね
実は猿野と同じくらいはヒットをうっており
相当得点にからんでいました

さすがに蛇神先輩にはおとりますが、猿野と同じくらいは
地味に活躍していたんですよね

●ウシオ部長、相当にくさいせりふを吐く

全体的にロマンチストな雰囲気をだしているうしお部長は
武軍との試合で、主力の蛇神先輩がやられたときは

綺麗な虹を見るためには
少しの雨宿りはつきものじゃないか

というギャグマンガにあるまじき、フラグびんびんな
くさ格好いいせりふをいいます。

この後、ウシオ部長は部軍のきたないピーンボールをくらい
一時戦線離脱するのですが、普通に3回戦にまにあいました

それから、ウシオ先輩は地区予選後、埼玉選抜に選ばれることになるのですが
埼玉選抜内ではほとんど活躍できず

いぬかい、みやなぎ、猿野の1年生トリオに完全に出番を奪われることになります
ヒットを打った描写さえありませんでした。