ミスフルの屑桐無涯(くずきり むがい)について語る

ミスフルで、十二支高校のライバルである華武高校の
キャプテンであるくずきり むがいさんについて語っていきます

スポンサーリンク

■屑桐無涯(くずきり むがい)とは

上記の通り、華武高校の3年生キャプテンにして
エースピッチャー

牛尾とは中学時代のチームメイトだった男です

トルネード投法でボールを投げる男で
自身で投げた球に五光(ごこう)という
厨二病ネームをつけています。

ちなみに、トルネード投法でボールを投げていますが
実際のボールもトルネードのように回転しながら
打者に向かっていきます。

いぬかいが投げる天竜よりは常識的な技ですが
ミスフルのピッチャーがインフレしてきた原因は

くずきり君の五光から始まった
そう言ってしまってよいかもしれません。

●くずきりの五光(ごこう)球がトルネード回転

vs猿野

くずきりは1年生にして牛尾からポジションを奪った猿野に
興味をもち、一球勝負をしかけます

1打席勝負でも圧倒的にバッターがふりなのに
1級勝負じゃ、どう考えても猿野に勝機はありません

汚い、さすがくずきり君きたない

案の定猿野はくずきりのボールを打つことはできないし
バットだけを場外ホームランするし

投げたバットに乗って、桃白白(たおぱいぱい)ごっこをするし
いいところがありませんでした。

■vs十二支高校との練習試合

半減野球とかいうふざけた試合を提案したかぶ高校は
2軍が結構めったうちにあったので

くずきり君を含む1軍メンバーが十二支高校と対戦することになる

くずきり君は五光を使い、十二支の2番、3番を軽く
6球でしとめてきた

ちなみに、五光という厨二病の技の正体はただの4シームジャイロであり
進行方向にむかって渦をまく回転が
どうたらという理屈の

まぁ、いわゆるメジャーでいうところのジャイロボールだった

結局、このジャイロボールを十二支高校はうちくずすことができず
牛尾キャプテンは五光を打つことなく、試合が終わってしまった

■県選抜戦に出場する くずきり

甲子園では優勝候補という触れ込みだったが大阪の豊臣高校に
9失点をとられ、1回戦敗退となったかぶ高校は

県選抜戦で大阪に借りを返そうと奮起する

だがvs徳島選抜戦 先発したくずきりは
母親が病気で入院している事がきがかりであり

精細をかいたピッチングをみせることになる

4回までで4失点、これは甲子園同様の1試合9失点ペースになりそうな
予感がただよってきます。

その後は、母親が手術するということで戦線を離脱
vs鹿児島戦でようやく本調子の力を出すことになる

●くずきりの本調子の五光

※ただし、読者目線でいくと、徳島戦の五光と
鹿児島戦の五光は何が違うのかはよくわからなかった

■vs大阪選抜

県対抗トーナメント決勝戦vs大阪の先発はくずきり君
すいせんとかいうかぶのNO2ピッチャーもかなり活躍したのに

彼は一体どこにいってしまったのでしょうか?

ちなみに、決勝戦ではくずきりも後だしじゃんけんのように新技を披露
フルトルネードという、いつもの投法とはちょっと違い

ひねりが大きいトルネードを使い
五光裂華(ごこうれっか)という技を使い出します

五光烈華は160キロのスピードがでる五光であり
このボールを使い、くずきりは強力打線である大阪をおさえていくことになる

大阪の主砲である、もずくと対戦したときは
さらに強力な五光烈華である、五光裂華・旋風(つむじかぜ)を使用

●作中最強ボールかもしれない五光烈華・旋風

旋風はどういう原理で放たれているかはわからないが
五光烈華の160キロジャイロボールにくわえ、不規則な変化球が
つくというスーパーボールだった

対戦相手のきじ村は160キロのフォークボールと
ブラックレイとかいう160キロオーバーのよくわからない球なので

ぶっちゃけボールの強さだったら、五光烈華・旋風の方が
上のような気がしてならない

ただ、五光烈華系は体に負担をかけるようで
多投はできない弱点があったので

後半6回から、マウンドをいぬかいに預けることとなった

スポンサーリンク