ミスフルの虎鉄大河(こてつ たいが)について語る

2年生ファーストレギュラーである
こてつたいがについて確認していきます

■虎鉄大河(こてつ たいが)初登場

十二支野球部名物校内競馬の時に初登場
校内競馬とは砂の詰まったリュックを背負いながら

二人組みで屋上まで行き、1Fまで戻ってくるという競技である

この競技において、虎鉄君は蛇神先輩やいのり君と同様に
体力テストである、校内競馬をクリアして

その体力と実力を1年生たちにみせつけた

ちなみに虎鉄君は

・2年生にしては体力がない
・2年生にしては非力である

という設定があったので、なぜ彼が蛇神先輩やいのり君同様に
体力おばけの猿野より早くゴールできたのかは
結構な謎である

●序盤の虎鉄君、やっとついたかい1年坊主と調子にのる

○虎鉄君はなぎちゃんにちょっかいを出していた

序盤から虎鉄はなぎちゃんに気があったようで

オゥ マイプリティーガールなんて愛らしい
玉のような白い肌、ベイビーみたいな手

と、かなりキモい感じで凪を口説いていた

なぎちゃんは、物語序盤から猿野派であったことが
後半かたられたので、虎鉄君のこのアプローチは
まったくの無駄に終わることを忘れてはいけない

■虎鉄大河の守備とバッティング

ほとんど忘れられている設定ですが
虎鉄君は体がやわらかいという特性を持っていて

その捕球技術は鉄壁といわれている
送球が低くて、手前でバウンドする玉を

体のやわらかさをもちいて、体をしずませ、すくうように
捕球する事ができる

本人曰く、ファーストの守備を軽視するやつもいるが
最後の受け手になるのはファースト

俺がとってこそ華ってもんだ と
語っていた

●体のやわらかさを用いて、打球をとる虎鉄

DUVS(ダウンアッパースィング)

虎鉄君は自分のアッパースィングに名前をつけていて
DUVSとよんでいる

武軍高校は上方からの超角度でボールを放ってくるので
下からすくいあげるDUVSなら線で捕らえることができるらしく

武軍高校のポールから結構簡単に打ってしまった

一応、武軍高校のメガネのジャンピュータ君曰く
君は非力だからヒットは打てないんだよね、みたいにいっていたが

いきなり、トーテムポール(武軍高校のでかい人)のカタパルト投法で
投げられた球にあてたことは変わりがない

ジャンピュータ君に非力よばわりされた虎鉄は
今度は真下からではなく、斜め下からかまえて

体全体の力をめいっぱいいかしてジャンプし
打つような技

BTS(ブルーサンダースラッシュ)を披露した

このBTSはどういう原理化しらないが、なぜかじぐざぐに
ボールが落下してくるので

フランケンさんも、打球をとることができず
武軍高校からヒットを放った

BTSは結構な強技っぽいが、vs武軍以降は
大抵猿野か、あるいみ蛇神先輩がおいしいところを持っていくので

虎鉄は武軍戦のBTS以降、試合で活躍することはできなかった

●じぐざくに落ちてくる技BTS(原理不明)

○その他虎鉄について

ヒナ様とかいう中学時代の友達が凪ちゃんにナンパした時

オレの女に手ぇ出すなYOと虎鉄は彼氏気取りで凪ちゃんを守っていた
※言うまでもないが凪ちゃんは虎鉄には全然なびいていません

この時凪ちゃんはどう思ったのでしょうか?

それから、虎鉄といえば、猿野、牛尾、いぬかい、とまる同様
埼玉選抜に選ばれていたが

ファーストはかぶ高校の超スラッガーみやなぎがいるので
実際の試合で虎鉄は1試合も出場しないまま

県対抗選抜試合が終わってしまったことを忘れてはいけない