ミスフルの三象男歩(みぞう だんほ)について語る

ミスフルのパワー系担当とおもわせながら
1年に猿野がいたために影が薄くなってしまった男

三像男歩(みぞう だんほ)さんについて確認します。

スポンサーリンク

■三象男歩(みぞう だんほ)とは

ほっぺ先輩と仲がいい3年のレギュラーキャッチャーである
序盤は結構活躍していて、その姿やまのごとし

1年軍の無死満塁のチャンスをつぶし無得点に抑えていた

その特徴は圧倒的に速い牽制球である
1年軍にサードランナーがいたとき

すさまじいスピードの球を投げていた
キャッチング技術と牽制技術は、たつらがわよりも上といわざるをえない

●すさまじいスピードの牽制球

ノーモーションスロー!!
体勢をまったく変えずに肩と腕の力だけでスローイングする
パワーと技術

さすが、軟球をゴムまりのように扱い
握力トレーニングで軟球を破壊していっただけのことはありません

そんな三象先輩は最初のころはバッティングも結構いけていました
子津のクロスファイヤーをつまりながらも
ピッチャーフライに打ち上げ

そのピッチャーフライが
あわやホームランになりそうというぐらいの打球だったのです

当たりとしてはピッチャーフライ級の打球がセンターまで
ですからね
つまり、多少つまっても、いやかなり詰まっても

ホームランの可能性があるということです
高い守備能力と圧倒的パワー

これはたつらがわより有力だと最初は思われていました

●ピッチャーフライがセンターまで届く

ですが、みなさんご存知のようにこのフライが三象先輩の
全盛期であり、全てでした。

公式戦に出場した三象さんですが、バッティングセンスは低いと
言われていたしば君よりも活躍できず

何と公式戦ノーヒットで終わります。
3年間練習してきたにもかかわらず、1年の猿野より圧倒的に
活躍できていません。

さらにほっぺ先輩がちょっと新技である魔球Xを使い出したら
ミット1つでボールをキャッチすることもできませんでした。

●ミット2つ用意しないとボールをキャッチできない

どう考えても、これだと送球ができないのでランナーに走られ放題です
魔球Xや魔玉XXをしかめが使った場合ランナーはフリーパスって・・・

そりゃあ、しかめと練習をしていない
たつらがわなら
ミット2つ必要かもしれませんが

みぞうとしかめは3年間一緒にトレーニングしてきた仲です
それでこの体たらく

バッティングはがあああっとわめくだけで全然相手に対応できません

たつらがわ君がレギュラーキャッチャーとして使われている理由が
よくわかります

三象君のピークは練習試合だけで、公式試合はだめだめでした

三象君は試合では徐々に出番がなくなりフェードアウト
しかめをピッチャーとして起用するので、仕方なく試合にだしてるみたいな扱いです

三象君の最後の出番は、十二支高校の強化合宿で
体力テストでしかめが落とされたとき、ないて悔しがったシーン

あれが最後でした。

○1年のころの三象

1年のころキャッチャーとしてしかめのカミソリカーブを取ったので
なしくずしてきに、しかめとコンビを組むことになりました

ちなみに、1年のころ、しかめと三象はまわりから嫌われていて
他の1年生たちから、余りもの同士扱いと言われていました。

※二人を嫌っていた人たちはその後どうなったかは不明です

スポンサーリンク