ミスフルの獅子川文(ししかわ ぶん)について語る

合同合宿に参加していないにもかかわらず
なぜか最初からサード2(ゆうぐん)に選出されていた
獅子川君について確認していきます

■獅子川文 初登場

合宿の試合にもでてないのに
いきなり雄軍に選出された男、獅子川

旅に出た理由はほとんど気分ですが

一応、野球とは何か?三塁って何か?ボクドラえもんの何なのか?
生きるって何か?長旅って意味あったのか?と自問自答した結果

サードの守備がへたくそになって十二支高校に帰ってきた男です

バッティングはほとんど謎でしたが、少なくともサードの守備は
下手糞でした

そんな獅子川君はvs武軍高校で3番サードとして試合に出場します

●3番サードで試合にでる獅子川君

ちなみに獅子川君は牛尾君同様、なぜか女性にもてていて
ニヒルでアウトローなあなたもいいわと

女性たちにキャーキャー言われていた

■獅子川君のバッティング

武軍高校のジャンピュータ君とトーテムポールは
獅子川のデータを取るために真ん中に甘いストレートを投げます

その甘い球を獅子川君は軽く空振りします

獅子川
「荒くれ大リーガーのたまになれすぎちまって、これしきの球がうてねぇとはな」

みたいにいってましたが、野球を始めて数日の猿野でも打てそうな
緩いストレートをカラぶりました

この1球でデータが取れなかったジャンピュータとポールは
2度目も甘い球を投げますが、これも軽く空振りします・・・

3番という責任あるバッターをまかされているにもかかわらず
この体たらくです。

これには周りの1,2年もびっくりして

もしかして獅子川さんって口だけやろうなんじゃ?といいすてます

しかし、ウシオ先輩はいたって冷静です

彼にとって今の球はストライクじゃない
彼は 彼のストライクゾーンを持っているんだよ と

実は獅子川君は悪玉打ちが得意という、ドカベンでいけば岩鬼みたいな
設定があり、ポールのひっさつわざであるカタパルトを軽く打ちました

でも、悪球というわりには、カタパルト投法で投げられたボールは
普通にストライクゾーンをくる球だったので

獅子川君の悪球打ちが得意と言う設定は
何なのかよくわかりませんでした。

●ポールのストレート球を打ち飛ばす獅子川

○弱点は真ん中のゆるい球である獅子川

ストライクゾーンを通るそこそこすごい球は簡単に打てる獅子川ですが
真ん中のボールには弱いという弱点を持っています

そこで

武軍高校は弱点をついたゆるい球を投げるのですが
獅子川君はへんな素敵メガネをかけ、視力をぼかし

ただの変哲のないストレートを難しい球にみせかけ
その球を打ちます

●おれ流メガネ打法乱獅子

まぁ、ここまで準備を整えたにもかかわらず
スナフキンに取られてしまったので、あれなんですけどね

■獅子川君の走塁や守備 その他

ゴキブリのように走ったり、猫だましをしたりと
反則すれすれの動きをみせますが、貪欲に塁を進むメンタルはかなりのものです

武軍戦の最後では、スナフキンがホームラン球の打球を放ったのですが
ぎりぎりはたきおとし、ホームランを阻止

十二支高校の勝利に貢献しました。
破天荒なプレイスタイルですが、全体的に打撃守備で活躍

真ん中のゆるい球に弱いという弱点がなければ
少なくとも虎鉄君よりは埼玉代表に相応しかったと思います。

○その他獅子川君に関するデータ

・麦茶はストレートに限る 六条麦ってやつはきくらしい

・猿野とサードレギュラーをあらそうさいにまわり将棋で決着をつけようとした

・ギターケースを弁当箱にしていた

等の情報があります