ミスフルの蛇神尊(へびがみ みこと)について語る

通常状態であれば、多分十二支高校最強の男
蛇神尊(へびがみ みこと)君について確認していきます

スポンサーリンク

■蛇神尊とは

十二支高校野球部3年生のショートレギュラー

自在に時を刻む男という設定があり
3球同時ノックのトレーニングでは

一つのグローブで3つの球を取る
スーパープレイができる男です

解説役のウシオ君曰く

「彼の集中力は 打球のスピードなど軽く凌駕しているのだ」

蛇神先輩が本気をだせば、球が停止するように見える

蛇神先輩は
超スピードの打球を絶空という技で
簡単に取ることができます

そんな蛇神先輩の守備トレーニングですが

屋上から100個以上ものボールを落とし
そのナカのたった1子の文字入りボールを識別してキャッチするという
大変危険なものです

案ずるなわが眼に見えぬものなし と
蛇神先輩はかたっていましたが

識別をするまえに、あの高さから落ちてくる硬球が危ないと
ボクは思いました

●わざわざ危険なトレーニングをする蛇神先輩

ぶっちゃけ、ミスフル世界は守備のすごさってあんまり伝わらず
打撃かピッチングがすごい世界観ですので

こんな危険な守備練習してもなぁと思わなくもありません

■蛇神尊のバッティング

守備がすごすぎる蛇神先輩ですが、バッティングも
神がかっています。

○蛇神先輩の技 六道眼

ご存知蛇神先輩の基本技です

如何な物体も事象も我が六道眼からは逃れられぬ
端的にいうと、めちゃくちゃ集中しているので
投手の放ったボールがとまって見えるというチート技です

●六道眼

ちなみに蛇神先輩は高校野球をやっているにもかかわらず
なめぷで木のバットを使用しています。

どうして木のバットを使っているかと言うと
真芯で確実にとらえる絶対の自信があるからということ

だが、金属バットをつかったほうが最終的には飛ぶと思うので
わざわざ木のバットを使う理由はどこにもないと僕はおもいました

その後も蛇神先輩は六道眼を使い大活躍
武軍高校戦ではあまりにも活躍しすぎたために

フランケンの頭突きをくらってしばらく試合に参加できなかったほどです

武軍高校も牛尾と同じくらい蛇神先輩を警戒していました。

■蛇神先輩 vs黒選ではっちゃけまくる

蛇神先輩はどういう理屈かわかりませんが
体中に文字をかいて試合に出場

蛇神先輩のことを誰よりも知っている牛尾君は

あのばん字は全ての災厄から蛇神くんを守るためのもの
そうか・・・あのピッチャーには何かあるんだね

とかいってましたが、ユニフォームをきちんと着ていないので
そこは問題だと思いました

次に蛇神先輩は、試合中にいきなり水をあびはじめます

一杯あびては仏のために、一杯浴びては家族のために
一杯あびてはチームのために

と謎の儀式をはじめます。
そして最終的には白装束で試合に参加しました。

●白装束の蛇神先輩

手には数珠をもっているし、この状態で試合するって
はっちゃけすぎです

猿野君でも、もう少し常識的に試合をしていると思うんですけど・・・

そんな蛇神先輩は六道眼では、村中かいのナックルボール小町を
打ち返せなかったので

いきなり無明眼(むみょうがん)という技を使い
小町を打ち返しました。

もちろんヒットは打ったのですが
事前の儀式があまりにもはっちゃけすぎたために

ヒットを打った事実はあまり問題にはあがらなかったのがすごいです。

無明眼は眼に負担をかけるので一時的に視力が落ちると思ったのですが
ただ眼に砂がはいったために、蛇神先輩は眼を怪我した事実も
忘れてはいけません。

ちなみに、このナックルボール小町は
六道眼ですら、とらえれない強ボールだったのですが

なぜか普通にしている徳島選抜が軽く打ち返した事実も
忘れてはいけません。

スポンサーリンク