メジャーセカンド 感想 ネタバレ 弟02話

前回のあらすじ、清水薫さんが
めちゃくちゃ若返っていた
ついでに、田代君とも若かった

メジャーセカンド 第02話 イケメンの名は佐藤 光

前回では、イケメンと噂の男子が大吾の学校に
転校してきました。

男の名は佐藤光(さとう ひかる)
ご存知、情緒不安定な名キャッチャー事
佐藤寿也の息子さんです。

●イケメンメガネボーイ、佐藤光君
●イケメンメガネボーイ、佐藤光君

光君は、大吾に挨拶にきたようで、ちょっと嫌味っぽく

佐藤光
「僕のパパは佐藤寿也
知ってるだろ?
メジャーでホームラン王にもなって、去年引退した
あの佐藤寿也さ」

と、めちゃくちゃスネオっぽく自慢してきました。

さらには、僕はほんとうはニューヨークの暮らしの方がよかったけど
親が引退して日本に戻ってきたから、僕もまぁ
しかたなく、ここに転校してきたんだよ アンダスタン?

とかいいだしました。これは全体的に親の悪い部分を
受け継いでいますね。

まぁ、親の寿也君は、礼儀正しそうに見えて、かなり
失礼な男だったと思いますから、彼の息子というのも納得です。

そんな光君がなぜ、大吾にからんできたかというと
ただ単に転校してきたんで野球チームさがしてるんだ?
君どこかしらない?

という話しでした。

この話しにはもう野球の興味がなくなっている大吾はスルー
そのまますたこらと帰ってしまいました。

余談ですが大吾って年の割にはちょっと背が小さいですね。

●この感想では初登場の大吾君、一番左の男の子です。
●この感想では初登場の大吾君、一番左の男の子です。

この背の小ささはフラグで、今後中学、そして高校と
年を重ねるごとにどんどん大きくなり

高校1年ぐらいには、身長180ぐらいになっていると予想します。
今はまだまだ体もできあがってないので、野球選手としては
イマイチだけれど、今後体が大きくなれば

かなり出来る野球選手になってるぜ!!みたいな展開を
作者の満田先生が考えているということなのでしょう。

スポンサーリンク

意図的にまだ身長は抑えてるって事ですね。

そして、すたこらと帰る大吾君に話しかけてきたのは
光君ではなく、佐倉陸子(さくら むつこ)さんでした。

この娘、いきなりいっしょに帰っていい?とか
めちゃくちゃヒロインっぽい感じで大吾に話しかけてきました。

●完全にヒロインの陸子さん
●完全にヒロインの陸子さん

で、この後、陸子ちゃんと大吾君はいままでの思い出とかを
語り合うんですが、要約すると頑張ってる大吾君は
素敵だったよ

という話しでした。

こんなかわいい子から想われていながら
大吾は、やたらと不満足です。
忘れちまったぜ、満足なんて言葉は・・・

大吾
「オレはマスコミにとりあげられて、デビューから期待され
注目されて」

それで、あの結果だ
チームメイトからも浮いちまった
グランドにでていくのが苦痛でしかなくなった
茂野二世でさえなければよかったと

回想でグローブを投げ捨てました。

●二世はつらいんだ、大吾君
●二世はつらいんだ、大吾君

で、そんな大吾君はもう野球はやらないとちかったわけなんですが
なぜか、昔の野球チームから呼び出され

試合にでるように進められました

スポンサーリンク