うちはサスケの中忍試験 02

結構空気なまま、第1次試験を突破したサスケ
続いて第二試験サバイバル演習がスタートする

スポンサーリンク

■サスケ 第二の試験がスタート

第2の試験はサバイバル演習
各チームが渡された巻物の種類・・・

そして3人の内 誰が巻物を持っているのかも
わからない状態でスタートします。

サスケ
イビキが言ったとおりだ・・・この試験では情報の奪い合いが命がけで行われる

みたいに言ってましたが、巻物を渡される場所は
薄い布一枚でガードしている掘っ立て小屋みたいな場所です

●ただの掘っ立て小屋、情報を盗めと言っているような物

この程度では我愛羅さんの第3の眼や
ネジやヒナタちゃんの白眼で情報収集は
何とでもなるんじゃないかと僕は思いました

サスケ達はゲート12からスタートです

※死の森は01-44番ゲートあります

そして、試験が始まりサスケとサクラは
ナルトに化けた雨隠れの里の忍びと対戦

2対1ながらもナルトが人質にとられていたので
若干せめこまれましたが

サスケのくないで最終的に撃退しました。

サスケはチャクラを使い足の裏にクナイをすいつけて、そのまま飛ばす攻撃を披露
ナルト世界では珍しく、クナイが活躍した例となります。

~サスケさん合言葉を作る~

●初見じゃ覚えられない合言葉

忍歌「忍機」と・・・問う その答えはこうだ

体勢の敵の騒ぎは忍びよし
静かな方に隠れ家もなし

忍びには時を知る事こそ大事なれ
敵のつかれと油断するとき

という長ったらしい合言葉です。

僕もこれを覚えてみようと思ったのですが
独特な日本語でガチで覚えられません

サクラは筆記試験パーフェクトの頭脳派なので
まだわかるのですが

当のサスケがこれを覚えていられるかどうか
不安になります。

ちなみに、ナルトも覚えられませんでした

おろちまるはナルトに変装して合言葉を答えられたので
疑われる結果となりました。

~オロチ丸vsサスケ~

サスケはオロチ丸のオーラをみただけでびびりまくり
幻術を使われたわけでもないのに、やられるイメージが見えた
こいつはヤバイとか言い出します。

そして、サスケはオロチ丸に勝てないことを悟り
巻物を渡してこの場をひいてもらうように仕向けます

オロチ丸さんは
「なるほど・・・センスがいい・・・」
「獲物が捕食者に期待できるのは、他のエサで自分自身を見逃してもらう事だけ」

みたいに言ってましたが
実際、センスは最悪です

ナルトの言うように

獲物を渡しても見逃してもらえる保証はない
ビビって状況わかってねーのはお前のほうだ

この理論が正しいです。

そもそも、見逃してもらえる確約もないのに
先に巻物を投げて渡すっていうのが不用意な行動だと僕は思いました。

●不用意すぎる行動を取るサスケ

せめて、巻物はここに置いていく
オレたちがいなくなったら、持って行くといい
ぐらいにしておけば良かったのです

その後サスケはオロチ丸の攻撃をくらい呪印をほどこされてしまいました。

ちなみに呪印の設定ですが

・呪印をほどこされたら、生き残る確率は10分の1
・呪印は段階1と段階2があり、段階1でも相当なパワーアップができる
・呪印2に侵食されたら基本命がないので、特殊な方法を使わないと生き残れない

といったところです
読者もほぼ完全に忘れていると思いますが

特別上忍のみたらしアンコさんも呪印を食らっていた過去があります。

サスケは音忍の3人衆がせめてきた時は
呪印の力を借り撃破しました。

~続く~

スポンサーリンク