うちはサスケvs我愛羅 再び

突如、砂の忍者達が同盟を反故にして
裏切ってきたので、うちはサスケは
我愛羅を追うことになる

スポンサーリンク

■中忍試験終了

中忍試験が強制終了し

我愛羅達が一旦退避していったので
サスケは我愛羅達を追うことになる

ちなみに、名前も思い出せない中忍?上忍の先輩が
お前はすでに中忍レベルだ

木の葉の忍びなら役に立てと、語りかけてきましたので
この時点でサスケは、中忍に昇格できるもんだと
思ってました。

●お前はすでに中忍レベル らしい

我愛羅達を単独で追っていたサスケは
木の葉の森の中で、我愛羅、テマリ、カンクロウと遭遇

話の流れでは、サスケが勝手に独断行動をして
我愛羅達を追っているから、ナルト達はすぐに追いつかないといけない
みたいに言ってましたが

サスケは勝手に砂忍を追っているのではなく

よくわからない先輩が取り合えず命令したので
その通りにしただけです

そして、どこからともなく
油女シノさんがやってきてサスケを援護

カンクロウはシノさんが対応することになったので

我愛羅とテマリはサスケが担当することになりました。

うちはサスケ、お前は我愛羅をおえ
なぜならお前と奴の勝負はまだついてないからな

オレはカンクロウとやろう
元々こいつの相手はオレだったからな

~サスケvs我愛羅 再び~

我愛羅に追いついたサスケは
再び我愛羅と相対することとなる

自分の存在価値をみとめさせたい我愛羅は
ついに半分、守鶴化してせめてきた

ちなみに守鶴は狸の化け物で
硬質化能力にたけているイメージがある

守鶴化した我愛羅に対して千鳥でせめるサスケ
砂を使っていたときは随分高い防御力を持っていたのに

なんだか、あっさりダメージが通ったので
違和感があった

ギャラリーのテマリさんはたいそう驚き
あの我愛羅に対しカウンターで合わせて
ダメージを通しただと

こいつ信じられん、というような態度を取っていた

●守鶴化している我愛羅に普通にダメージを与えるサスケ

今まで傷一つおったことがないのに
二度までも攻撃を通すとは!!

~サスケが発動できる千鳥~

何でかよくわかりませんが
千鳥は写輪眼と併用しなければ使えないという設定があります

だが、写輪眼と他の術を同時に使えば
体内のチャクラを一気に爆発させ使いきるようなものらしく

サスケの場合、1日に2発の千鳥でガス欠
カカシ先生の場合、1日に4発の千鳥でガス欠になるそうです

なんかこう書くと、すでにサスケはカカシ先生の半分程度の
力量があるという感じにきこえなくもありません

カカシ先生が思ったよりすごくないのか
それともサスケが思ったよりすごいのか

それから、サスケは2発の千鳥でガス欠という話でしたが
呪印を開放したときは3発目の千鳥を発動する事が
できた、ということも覚えておいてください

最終的に千鳥の使いすぎでガス欠になったサスケは敗北
その後はナルトと我愛羅の怪獣大決戦になり

引き分けとなりました

最後のナルトの力にサスケさんも大層驚き
忍者アカデミーの時代からは考えられないほど強くなった
これが元おちこぼれの強さか!!みたいに言ってました

しかし、サスケさんは第2次試験終了時点で
ナルトの事を相当かっており

オレはお前とも戦いといっていたので
ナルトの強さに感嘆するのも、今更感がありましたね

それから、サスケさんはすでに中忍クラスの実力があるという
話でしたが、中忍選抜試験は不合格となっております。
中忍クラスとは何だったのか

スポンサーリンク