bungo 立花について語る

静岡トップシニアチームの一つである上本牧シニア
4番サード、攻守の要である立花君について確認していきます

スポンサーリンク

■立花登場

上本牧シニアの4番バッター立花

鮎川は立花の事を知っていたのか
「お前は上本牧シニア・・・人ごろしの立花」と紹介していた

野球をしているときだけ、相手をころしてしまいそうな形相になる
だからついた異名が”人ごろし”とのこと

ちなみに、立花君は見た目は大学生・社会人だが

この時点で繊細な中学校3年生なので、見た目だけでそんな
異名をつけるのはやめていただきたい物です。

まぁ、テニスの王子様でもころしやというあだ名を付けられていた
中学3年生のメガネのオールバックがいましたけどね

●初登場の立花

ちなみに、立花君は上本牧の大打者で
2年生の時も吉見を相手取り、2打席連発のホームランを打って

上本牧の勝利に大いに貢献した

立花君はカオが怖いと言われたことをきにしている事も
忘れてはいけない

■立花さん、スカウトのされかたが凄すぎる

上本牧の4番サード、主砲である立花ですが
3年の夏前の時点で日本一の高校、大阪・東光学園からスカウトされました

スカウトはグランドの外で立花のバッティングの音を聞いて
立花の特待を即決したそうです。

立花の打球音はボールが破裂しそうなほどの音をだし
相手キャッチャーがミットにボールが収まることを確信してから
動き出しても間に合うほどのスイングスピードを持っています。

監督曰く、20年の上本牧の歴史の中でも最強のバッターと
評価しています。

音を聞くだけで特待を即決するって書くと、東光学園のスカウトは
すごいなと思ったのですが

上本牧は有望選手が多くいるチームですので
ちゃんと試合を最初から見て欲しいと思いましたね

●音を聞いただけで特待を即決する

■立花vs吉見 第一打席

立花はツイスト打法っぽい感じでぎゅるぎゅるという
ちょっとかわいい効果音を出しながら、鬼気迫る表情で
吉見のストレートをスィング

●立花のスイング

これはストライクに終わったんですが
もの凄いスィングスピードです

これを見ていた荒深さんは
ヘッドスピードは間違いなく中学生ナンバーワンと言っていました

空振りだったが、タイミングは完全にあっていた
当たったらどこまでも、飛んでいきそうなスイングです

次の吉見のストレートにもくらいつく立花
これはファールフライに終わったので、あまりいい印象がありません

・中学生NO1のヘッドスピード
・打撃音がドームの外にも聞こえる

という設定ですが、吉見得意の変化球ではなく
ストレートに打ち負けた事となりました

■立花さんのスカウトのされかたが気になる

下川は綿密な計画でスカウトされ
翔西への進学を強く希望したのでいいのですが

立花君のスカウトのされ方は、ぶっちゃけかなりの謎です

東光の監督にして高校野球界のドンである
梅ヶ谷 茂(うめがや しげる)というおっさんが

立花がよく使う散髪屋にやってきて
髪を切った

すばらしい選手が育つ町はどんなところかと思ったので
やってきたんだ、と本人は語っていて

これが口コミで伝わり、立花の周りがおおさわぎ
あの梅ヶ谷 茂が自らの足で立花くんの住む町を見に来た
しかも、立花本人には会っていない

この話に感激した立花は東光への進学を決めたのです

しかし、プロ野球選手ならまだしも
床屋のおっちゃんが、高校野球の一チームの監督を
覚えているものなのでしょうか?

そりゃあ試合が終わった後のインタビューで勝利チームの監督が
インタビューすることもあると思うのですが

僕は甲子園をみていても、高校名くらいしか覚えていません
駒大苫小牧とか青森山田とかね

普通のレベルであれば高校名ぐらいで
一部有名な選手が出たら、その選手の名前を覚えるくらいです

なぜ選手でもない監督のことを床屋のおっさんは覚えているのでしょうか?
高校野球に少しでも興味があるならば、大チームの監督はしっているものらしいのですが
どうにも納得できません。

しかも、わざわざやってきたにもかかわらず
立花君にはあっていかないという謎行動です

僕が監督だったら大阪→神奈川までやってきて
意中の選手に会っていかないわけありません

●ただ、床屋によっただけのスカウト(監督)

立花君にとっては、あったこともない知らないおっさんにすぎません
これがスカウト戦術だというのであれば
BUNGOの世界観はかなり異質と言わざるをえません

下川への獲得プログラムなら理解できるんですけどね

スポンサーリンク