修羅の門、片山右京について語る

修羅の門きってのイケメン空手ボーイ
片山右京さんについて確認していきます。

スポンサーリンク

■修羅の門、片山右京について語る

片山右京、鬼道館NO1の空手家
身長185cmの長身に加え、アマイマスク

作中ではキョウシガと同じくらい女性陣にモテていた

氷の貴公子と呼ばれ
努力、修練 なによりも汗を嫌っていた男

汗を嫌っているのに、なぜ男同士が組んで戦う
格闘技をやっているのかわからない
本人曰く、暇つぶしとのこと

水本という格下の門下生にコーラを買いにいかせて

そのコーラを菩薩掌で破壊するという
無意味な破壊活動を行っていた

水本
オレの金でビンのコーラ買ってきたのに、飲まずに破壊するって
どういうことなの?たたみもコーラで汚れちゃったし

その畳掃除するのオレなんですけど、片山さん
まじ迷惑っすわ

という風に思っていたのかもしれません

●菩薩掌で壊れるコーラのビン、畳を掃除するのは水本

~異種格闘技戦3回戦第2試合~

1回戦、2回戦は余裕の勝利だった片山右京は
3回戦、そこそこの強敵であるアキヤマと大戦することになった

秋山は戦闘空手、無道塾の塾生である

この試合で秋山が勝利した場合、大番狂わせだが
当の九十九が、この試合は結果が見えているといっていたので
秋山の勝利は絶対にない

それにしても、片山はまじで余裕の表情をうかべている

片山
「男同士が組み合っておしあい、ひきあい、汗を流して
何が美しいのです・・・勝負とは一瞬の中にのみ真実があるのですよ」

と格好をつける片山

右京は、まるで舞うがごとく
無駄のない見切りで確実に秋山の技を流していく

一度もふれることなく だ
海堂と互角、もしかするとそれ以上の見切りと言われる片山右京

秋山は何とか一本背負いを行うが
右京は自分から飛ぶ事により投げを無効化した

本人曰く
「この胴着をつかんだ男など、ましてや投げた男など
一人もいなかったというのに・・・」と、アキヤマの強さを認めていた

このセリフを鵜呑みにした場合、鬼道館のNO2奥寺さんや
NO3やNO4の魔術師だのなんだの言われていた人は

さんざん片山さんと一緒に練習をしていたというのに
投げを決める事ができなかったということになる

鬼道館でも投げ技は教えているとのことだが
片山さんは投げ技の練習ができていないということだ

それなのに、この見事な返し、さすが天才である

●投げられた事がないのに、自ら飛んで威力を少なくする男、片山

最後には菩薩掌を決め、秋山を撃破
異種格闘技戦、ベスト4進出を決めた

~準決勝 vs 陸奥九十九~

片山vs九十九は衝撃波対決の様相を呈してきた
菩薩掌と龍波の対決です

どちらの技も破りようがないと
解説に言われていたのですが

菩薩掌と龍波は相殺となりました

龍波は龍がかけるような動きをし
高速で足を交差しかまいたちを発生させる技

菩薩掌は手のひらではさみ、空気を圧縮してたたきつけました

いまいち、原理はわかりませんが
修羅の門の世界は、尋常ならざるスピードを持ってすれば

衝撃波ちっくな物が発動してなんとかなるという風
覚えておきましょう

その後、お互いが業を出し消耗していったのですが
九十九は3回戦飛田と戦っていたので、ダメージが大きく
片山有利な試合展開となります。

片山ファンの女達は興奮していて

キャア・・・右京さまあ やっちゃえやっちゃえ
お顔にキズをつけた男をやっちまえ
と、相当マナーの悪い応援を繰り広げます

何度もいうようですが、九十九も片山とは違いますが
そこそこかわいい系イケメンです

現に作中ではサブヒロイン及び、ヒロインに結構もてていたというのに
会場の女は何でこんなに九十九に厳しいのでしょうか?

最後に菩薩掌が決まったと思ったのですが
九十九は片山の掌をたたきつけ、菩薩掌を無効化

起死回生の虎砲を放ち、最終的には九十九の勝利で
試合は終了しました。

●虎砲を食らう片山

スポンサーリンク