修羅の門 四門と技を確認する

修羅の門、陸奥の歴史の中でも
陸奥九十九だけが使えると言われる
奥義をこえた物、四門について確認していきます。

スポンサーリンク

■陸奥九十九の四門

~四門とは何か~

不破には陸奥にはない奥義、神威がある
そして陸奥にも不破にはない技がある

それが四門である

九十九のおじいちゃん曰く
四門は技の名ではない
奥義の上に存在するものの総称との事

四門は別名、死門

四つの門のうち・・・それがひらいても死への道しかない
朱雀、青龍、白虎、そして玄武である

技でいえば、それが名にあたる「四神」と呼ばれる四つの技
とのこと

四門を開いたときに四神が使えるという
つかえたものは陸奥の歴史1000年の中でもいまだいないと言われている

~九十九 四門の発動条件~

四門はいつでもつかえるという事はなく
陸奥が本当のピンチを感じたときに使える奥義である

奥義を使ったときは画面がひびわれしたようなエフェクトが入り
超人的なスピードと力をみにつけることができる

初めて、これを経験した不破北斗さんは

ばかな なんだこれは
3人、4人に見える

●3人、4人に分身するほどのスピードを誇る陸奥

みたいに言っていた

~四門を開いた後に行われる四つの技 四神~

第1の技 朱雀 vs 不破戦で見せた技

両足で相手の頭部をつかみ投げ飛ばし
相手の頭部にひじうちをかますという強力な攻撃

斗浪のVERUPのような技であり
食らったらほぼ命はないような危険な技である

第2の技 玄武 vs レオン(悪魔)戦で見せた技

相手の足を自分の足でつかみ、にげられないようにした後に
飛び跳ねて、相手の頭部に頭突きを放つ技である

●玄武を食らう レオン

第3の技 白虎 vs ケンシンマエダ戦で見せた技

初めて恐怖を感じた陸奥がみせた技
一応あいての頭部を足で固定はするが

最後の攻撃は腹への抜き手である
全技の中では一番危険度は低い技

第4の技 青龍 vs キョウシガ戦で見せた技

ジャンプした後、両足で相手の頭をはさみこみ
そのまま地面にたたきつける技

白虎以外の技は全て相手の頭部にダメージを与える技なので
非常に危険となっている

~四門のスピードについてきたキョウシガ~

四門を開いた九十九は全てのスピードが爆発的に上がるが
3人、4人に分身するスピードに本気のキョウシガは
ついてくることができた

今までの対戦相手はその速度についてきたものはいないので
キョウシガのスピードはそれほど異次元のものだったと思われる

●圧倒的スピードから放たれる青龍

ちなみに、その圧倒的スピードから放たれる朱雀を
海堂はかわすことができたので、見切りの能力としては
海堂の方が上と言えなくもない

~四神は基本、その章のラスボス相手に使用している~

四神は大会のラストの敵に使うと言うのが
修羅の門の世界では常識となっている

異種格闘技戦決勝 vs 不破北斗 決め技 朱雀
ヴァーリトード決勝 vs レオン 決め技 玄武
エイベックス決勝 vs キョウシガ 決め技 青龍

となっている

ケンシンマエダは強敵だったので白虎を発動

そして、ボクシング編の決勝の相手であるアリオスに対しては
四神を発動してないことも覚えておいてください

一応、無空波は使っているので
そこそこアリオスは強かったはずです

第1部では四神を食らった相手は全て帰らぬ人になっているが
第2部で四神を食らった相手は全員生存しています

スポンサーリンク