陸奥九十九のボクシング、ヘビィ級統一トーナメント編

修羅の門、ボクシング
ヘビィ級統一トーナメントの序章を確認していきます

スポンサーリンク

■修羅の門、ボクシングへビィ級統一トーナメント

ヒューズ家のお嬢様を暴漢から救った陸奥は
コネを掴み取り

世界ヘビィ級王座統一トーナメントに
8番目の男として参戦することが決定した

1回戦の相手は8人目ということで
シードのマイケル・アーロンも考えられたが
相手はWBCの世界チャンピオン

いきなりタイトルマッチというわけにもいかなかったので
ノーランカーのリック・ガンフォードとの対戦が決定した

リック・ガンフォードは白人の期待の星で
私は白人種の優性を証明したい

ゆえにボクシングのへビィ級を戦っている
これは挑戦ではなく証明の闘いなのだ

そういいきるほどの自信家だ

●自信家のリック・ガンフォード

そんなガンフォードさんは陸奥に対して

私はカラードが嫌いだ、特に東洋人はな
私の父親は戦争でベトナム人に殺されかえらぬ人となった

だからベトナム人は嫌いだし、同様に日本人も嫌いだ
との事

戦争で死んだって事は、殺し合いをしてきたってことだ
ベトナムで死んだのはアメリカ人だけじゃない

それなのに、自分だけが悲劇の主人公を気取り
陸奥にいいたい放題言い出すリック・ガンフォードさんは
あまりにも身勝手な男です

そんな失礼きわまりない男に対しても
陸奥は非常に冷静

陸奥九十九
リング上で・・・拳で語ってくれ・・・それだけだ・・・

と言い残して去っていきました。

~リック・ガンフォードvs陸奥九十九戦がスタート~

序盤はガンフォードが好き勝手せめるわけですが
途中で陸奥は本領発揮

九十九
つきあうほどの事でもない・・・な」と言い出し

いきなりボクシングスタイルを用いて
ガンフォードをせめたてます

●ジャ・・・ジャブ なんと陸奥・・・一転してボクシングスタイル

それがお前のボクシングだというなら
オレにだって出来るのだ。

ガンフォードをダウンに取る陸奥

とっととたってくれよ・・・スリップなんだろう
なんのためにガードの上からなぐったかわからなくなる

余裕綽々です

その後、まぁオレのスタイルはえんめいりゅうだから
ボクシングをやるわけにはいかない

という感じで、元のえんめいりゅうのスタイルに変更
陸奥の拳技「ふがく」を用いて
ガンフォードに大ダメージを与え

左のアッパーストレートでガンフォードをKOしました。

●「ふがく」を決める陸奥、

ガンフォードは白人の優性を証明する
この闘いは私にとっては証明にすぎない、と

大きな事をいっていましたが
プロレスの人と同じような倒され方をされてしまいました。

まぁ、一回戦の陸奥の対戦相手に選ばれた時点で
カマセである事は確定していたんですけどね

~汚い白人の審判~

「ふがく」は頭の上に拳を乗せ
そのまま攻撃する技なんですが

白人のジャッジは、リックが負けたはらいせに

「あきらかなバッディングだ 頭で突き上げている
陸奥九十九の反則負けだ」とか言い出します

白人は比較的紳士的かと思っていたのですが
修羅のモンの世界の白人は非常に下劣です

観客も試合を見ていたにもかかわらず
きたないぞ ジャップ!! モンキーゴーホームと言い立てます

特設スクリーンには、陸奥の「ふがく」のVTRは流さないし
いくらなんでもひどすぎる

ニンジャボーイ汚いみたいなノリですが
白人がまじで汚い

その後はジャージィ、ローマンという
出来たおっさんが、場を納め
何とか陸奥が1回戦進出という事になりました。

~続く~

スポンサーリンク