修羅の門、アリオスについて語る

修羅の門でデフレしていたボクシング編の
ラストボス、アリオス・キルレインについて
確認していきます

スポンサーリンク

■アリオス・キルレインとは

ライガー剛さん曰く、ボクシングじゃねぇ
あいつが強すぎるんだと言わしめた男、アリオス・キルレイン

確か羽山さんは蹴りよりもパンチが強いという設定だと思うのですが
簡単にアリオスにやられてしまいました。

まぁ、ボクシングルールだったのでシュートルールだったら
そこそこ渡り合えたとは思うんですけどね

※ちなみに陣雷さんもアリオスには鳥肌がたってしまったので
陣雷の実力はそんな所なのでしょう

●羽山を倒したアリオスさん
モンキーと遊んだだけだ、二度とこんなくだらないファイトを
するつもりはないと言い捨てます

アリオスは強すぎてマッチメイクができなかった男で
ブラックライトニングと呼ばれ

ライトニングストレートというすさまじい速度の
ストレートを放つ事ができる男です

章のラスボスだったのですが、九十九に四神を
発動させる事ができなかったので、個人的な強さランキングでは
Cランクの上位においています。

※初期の海堂も四神を発動させていませんが
海堂は全開の無空波に加えて虎砲を2回も九十九に使わせていますからね

それにボクシング編の陸奥はデフレしてて弱くなっているので
海堂は強さ議論的にBランク上位においています

アリオスはエザード・ロスというヘビー級チャンピオンを3人輩出した
名トレーナーの最後の子であり、史上最高のボクシングの才能を持つ
男である。

~アリオスvsムガビ~

順調にアリオスはランキングをあげWBAの世界2位となり
ボクシング統一トーナメントに出場、圧倒的な強さを持って1回戦を突破

続く準決勝でムガビと対戦することになる

アリオスは目に見えて調子が悪く、試合を観戦していたテディは
ボブ・キングやトレーナーではアリオスのメンタルにおいてマイナスになる事は
あっても、プラスになる事はないと言い放った

しかし、陸奥はいう、強いほうが勝つ、勝った方が強い
これは同じ意味だ、それにアリオスは強い と

ムガビの変形フック、異常ともいえるリーチ、そしてスピードを持つジャブを見切り
近距離から、ショートアッパーをかまします。

●強敵ムガビと善戦する アリオス

だが、ムガビもまだやる 圧倒的リーチから今度は変形のアッパーカット
そして、左ストレートによりアリオスが出血

ストップがかかり、ムガビの前にTKO負けしたと思われた

何とか負けにはならず、試合続行
最後はムガビの槍投げのような左ストレートをかわし
ギャラリーには見えないほどのストレートを繰り出し勝利します

これによりムガビは帰らぬ人となり
アリオスの勝利に終わった

恐るべしアリオス・キルレイン、恐るべきエザード・ロスのラストサン

アリオスはあまりにも天才で強く全て1Rでかってきた
※なぜか羽山戦は3Rかかってましたがそこはスルーで

ゆえに予定外の闘い2Rにもつれこみ、さらに出血するようなシーンの場合
意外な弱さをみせるのではないか?

そう思われていたが終わってみたら、順当とも言える勝利だった

~決勝戦 陸奥九十九vsアリオス・キルレイン~

陸奥と同様、人をあやめ、鬼と化したアリオスは
修羅、陸奥九十九と対戦することになる

これが統一ボクシングへビィ級チャンピオン決定戦
勝利したほうがIBF、WBA、WBC全てのチャンプとなる

アリオスといえば、ナンバーシステムを瞬時に実行できる天才
その天才が放つコンビネーション・ブローはかなりのもの

一瞬の間に5発のパンチを放ち、陸奥をリードします
第2ラウンドまではアリオス優勢

だが、陸奥は負けじとアリオスの関節をとりにいきます
この試合を見ていた陣雷は

折れるんだったら、折りゃあよかったんだ・・・と言います

陸奥が名誉や肩書きを望んでるとは思わねぇ
あいつはケンカをやるために海を渡ったんだ

アリオスは強い、やれる時に確実にやらないとだめ
ケンカでも負けるぜ陸奥!! との事

陣雷はいつでも格上は過大評価します
アリオスに軽くいなされた羽山も陣雷に取っては、怖い獣ですからね

そうこうしているうちにダメージがはいった陸奥も、オレの中の
獣がめざめたとか言い出し、ついに本気

最後にアリオスは無空波をくらい倒れ
敗北が決まってしまった

ご丁寧にアメリカびいきの審判はカウントを遅くとってくれたのだが
勝敗をくつがえすことはできなかった

●無空波を食らうアリオス

スポンサーリンク