修羅の門、木村さんについて語る

修羅の門、最初期に陸奥と対戦したが
カマセ扱いだった、木村さん
彼の活躍を振り返っていきます

スポンサーリンク

■修羅の門 木村さんについて語る

~木村さん初登場~

颯爽とやってきた木村さんは
いきなり陸奥につっかかります

木村
「君が陸奥君か? ふ~~ん」という感じで

●陸奥とのファーストコンタクト木村

木村さんは物語後半、結構いい人になっているのですが
最初の頃はかなり感じが悪いです

そもそも、陸奥は大原という神武館所属の人を
救ってくれたと言うのに、この態度

しかも、陸奥がとりあえずメシを食ってからだ
みたいな態度を取った途端、嫌味を言ってきました

木村
「逃げるのか? しょせんは古流の武術だ 格式と伝統だけ
実戦ときくと、精神論で逃げるのか?

陸奥エンメイ流とやらも名前だけで、格闘技なんてものじゃない」
とあおりにあおります

まるで自分のキャラクターが定まってないかのような
煽りです。

陸奥九十九さんも、かなり煽り上手なんですが
初期の木村の煽りも決して負けてないなと僕は思いました

これに陸奥がおこって、ならやってやんよ!!
という流れになったとき

自分は戦わずに片山というモブを使って
九十九を疲弊させようとします。

※くしくも片山右京と少しかぶっているモブ

そして、九十九が100人以上の黒帯をたおしたところ

木村
「明日だ・・・1日やる、身体を休めて来い」とか言い出し
試合を延期しようとします

木村さんは
いまやれば100%俺が勝つ
館長、救急車をお願いします

といった名言を残しているのですが

多分この時は陸奥に恐怖を感じていたのかもしれません

木村
「やべぇな散々あおったけど、みんなやられちまった
オレも負けるかもしれないし、明日に延期してその隙に
うやむやにできねぇかな?という風に思っていたやも・・・

そうなると、木村さんは
自分で陸奥をけしかけた上に、自分の門下生を先に対戦させ

やばくなると明日にしようとか言い出して逃げる
とんでもないチキン野郎になってしまいます。

一応、陸奥に挑発されたので

まぁ、疲弊してるからオレもやってやんよ
という流れで

病院のベッドでへらず口をたたいたことを後悔するんだな
と、自分も大きな口をたたきます

●言葉だけはでかい木村

そして勝負の結果ですが、普通に木村は敗北
救急車が必要になったのは木村さんの方でした

「こげつ」という技をくらい
そのまま関節技を決められ腕をおりました。

まぁ、神武館の敵をとってくれた陸奥に対して
いいたい放題いっていたので、腕の一本は仕方ないと
いったところです。

木村の態度にかなり問題があったので
陸奥も口を出します

陸奥
「木村さん・・・あんたには本当のエンメイ流を見せてやる約束だったね

たしか、あんたエンメイ流は伝統と格式だけで格闘技なんてものじゃない
そう言ったね、そのとおりだよエンメイ流は格闘技なんかじゃない

ひとごろしの技さ」なんてね

最後に冗談を決め、木村を失神させた陸奥、その場を後にして
メシにしました。

~その後の木村さん~

最初はかなりひどい男だった木村さんですが
陸奥に腕をおられてからは陸奥のファンになり

木村
「不思議だな この腕はおまえにおられたのに、少しも腹がたたん
おまえがどこまでゆくのか 見てみたい・・・ 勝てよ陸奥」と

はかなげな瞳を陸奥に向けました

●つき物がおちた顔をしている木村

かなりちょろい男です、やられたらファンになっちゃう
そんな感じでした

スポンサーリンク