修羅の門、ブラッド・ウェガリーについて語る

格闘技経験不明ながら、傭兵経験だけで
ヴァーリ・トゥードベスト8に進出した

ブラット・ヴェガリー
彼について確認していきます

スポンサーリンク

■修羅の門、ブラット・ヴェガリーさん

ヴァーリ・トゥード編から出演したキャラクター
ペプシ主催のヴァーリ・トゥードトーメンとのくじ引きが
終了した時点で

主催者側のグラシエーロの選手両方がシードだった為
いちゃもんをつけてきた

ヴェガリー
「ちょっと できすぎだよなあ・・・」

ちなみに、順調に他の選手が勝ち抜いた場合
ヴェガリーの相手は

1回戦・   エリック・メオラ
2回戦・   ジョニー・ハリス
ベスト8戦・ ペーター・ベルカンプ
準決勝戦・  ラモン グラシエーロ
決勝・    陸奥九十九

となっていて、かなり不利な位置にいるのは間違いない

だが、グラシエーロ両選手がシードであることは事実
そこで、ヴェガリーはトーナメントを夏の甲子園方式にするように提案

具体的にいえば、1回戦が終わったらまたクジを引く
同じように2回戦が終わったらまたクジ、3回戦が終わったらまたクジ

クジを引くまで、次の相手がわからないほうがエキサイティングだし
おもしろくなる、との事

●夏の甲子園方式を提案する・ヴェガリーさん

~1回戦 vs エリック・メオラ~

ヴェガリーさんの提案で、1回戦はそのままだったので
そのまま、UKFFの王者エリックと対戦

オレはつえぇよ、1回戦の相手なんか目じゃない
と大口をたたいていたので、負けたら笑いものになってしまう

ケンカではなにより先手必勝
いきなり、ヘッドバットを決め、頭をつかんでタックル

マットに頭をたたきつけ
とどめとばかりに、相手の顔に対してヒジうちをしてくる
容赦のない攻撃を披露した

試合を観戦していた陸奥にもちょっかいを出し

オレと当たるまで負けないでくれよ・・・チャンピオン と
ご丁寧にフラグもたてた

~2回戦 vs ユーリ・サレンコ~

ユーリというキャラクターを覚えている読者はほとんどいないだろう
なぜなら、ただのモブのサンボ使いですからね

そんなモブはヴェガリーに一蹴された

ヴェガリーはユーリに目つきをし、そのまま投げ飛ばした

●キケンな投げを披露するヴェガリー

もちろん、この攻撃は反則であるが
ヴァーリ・トゥード編では反則は1万ドルの罰金ですむ為に
ヴェガリーの反則負けにはならないのである

~ベスト8 vs 陸奥九十九~

陸奥とフラグをたてていた・ヴェガリーはベスト8で九十九と対戦
九十九と当たったことにより、ベスト4進出は不可能となったのだが
何とか強さをみせつけたいところ

ヴェガリーは相手が陸奥という事で本領発揮
右手に暗器を取り、陸奥にバックブローをかまします

これをみていた、飛田さんは暗器に気づかなかった

飛田
「暗器・・・ひょっとしてあのバックブローも」

ちなみに、この大会
ヴァーリ・トゥードをうたっているが、武器に関する規定は
ルールに示されていないと言う、ザル大会だった

ゆえに、レフェリーも、これは失格にするかどうか迷いました。

解説の飛田さんもルールの事をよくわかっておらず

飛田
失格だと思います これも罰金だけですむなんて事は・・・ないんじゃない?
みたいなあやふやな回答をしていた。

ただ、当の陸奥が、別にかまわないというスタンスだったので
試合続行

ヴェガリー
こうなったら、武器使い放題じゃね?」みたいなノリで

今度はワイヤーを使い、相手をしめる攻撃を披露した

●ワイヤーを使うヴェガリーさん、何でもあり

だが、何でもありになったとき、陸奥九十九は強い

腕をとって投げる、そして関節を決める
いつものパターンを決め

ヒジを顔面にあてる、「狼牙」を発動させる

ヴェガリーが

「待った 娘、おれには娘がいるから やめてくれ」みたいに言うもんだから

九十九はヴェガリーに止めを刺すのをやめた
もし、ヴェガリーの娘茶番がなかったら、命はなかっただろう

結婚して娘が生まれたら、おまえに感謝するよ

そういい残して、ヴェガリーはさっていった

大会中複数の反則を行い、罰金3万ドル以上を払うことになった
ヴェガリーは金に困り、陸奥とケンシンを引き合わせる為に
10万ドルを要求

九十九とケンシンを引き合わせた後
この漫画から完全に姿を消した

スポンサーリンク