修羅の門、イグナシオについて語る

修羅の門、ヴァーリ・トゥード編
身体能力スペックでは世界最強かもしれないと
飛田さんが語っていた

イグナシオ・ダ・シルバさんについて確認していきます

スポンサーリンク

■イグナシオ・ダ・シルバの活躍

195cm、神武館南米支部のチャンピオンである

でかいだけではなく、格闘家としてのバランスも最高
いったいどれほどの化け物なのか想像できないレベル

ヴァーリ・トゥード2回戦では

ローター・ベルトルトというボクサーと対戦した

修羅の門ボクシング編では世界の強豪ボクサーを集めた

世界ランキング1位でも、ヘビィ級統一トーナメントの
選考にもれたという触れ込み

統一トーナメントに呼ばれなかったベルトルトさんでは
神武館空手にかてるとは思えない

ローターさんはイグナシオの顔面にパンチを繰り出しただけで
イグナシオを病院送りにしたと思い込んでいたが

そんな事はなく、通常パンチ一発のカウンターでやられてしまった

飛田さん曰く、イグナシオのパンチは
虎砲に匹敵するとの事で

対戦相手の胸は陥没してしまった

病院送りになったのはローターの方だった

木村「館長、救急車をお願いします。胸にパンチがもろにはいってしまいました
みたいなレベルです

●パンチ一発で2回戦を突破するイグナシオ

~ベスト8 vs ラモン・グラシエーロ

ベスト8第一試合で、ラモンと対戦するイグナシオ

解説の飛田さんは打撃系は不利になる
ヤン・グーリッドとかいうモブがラモンに負けたので

イグナシオもラモンには負けるのではないか?みたいに言われた

ただ、ここでグラシエーロが勝利してしまった場合
ベスト4にはグラシエーロが2人残ることになる

それだとバランスが悪いので、流石にラモンの敗北は
始まる前に決定していたのだ。

TSFvs兵の1回戦で陣雷が第4試合になったときに
陣雷の敗北が決定していたのと同じように

だが、優勝候補と呼ばれているラモンなのだから
それなりにイグナシオを疲弊させると思ったのだが

ケリ2,3発程度でイグナシオの勝利に終わった

この試合をみていた祖父は
グラシエーロ柔術は強すぎた、ゆえに負けたことがない

ラモンの敗因は負けたことがないゆえに、恐怖を知らなかった
イグナシオに恐怖を感じたとき、ラモンは負けたのだ、との事

しかし、こうもあっさりイグナシオにやられてしまうレベルでは
遅かれ早かれ、他の有望選手に負けていただろうし

仮に恐怖を知ったとしても、今後、修羅の門上位勢には
勝てそうもないなと思いましたね

●ケリであっさり勝利する イグナシオ

~ベスト4 vs 陸奥九十九~

あっさり勝利したイグナシオに比べて
陸奥はヴェガリー戦で片目をやられている

ゆえに、イグナシオ有利かと思われたが
陸奥お得意の、オレは怪我をしている方が怖いぜ!!が発動する

陸奥には奥義の上の業として
四門、四神、さらに命の深い危機に陥ったときの死門がある

イグナシオ戦でも四門の発動に期待がかかります
※イグナシオ戦で陸奥は怖いを連呼していました

しかし、イグナシオ戦で、陸奥は奥義を発動しませんでした
放ったのは虎砲と雷

これではイグナシオの格は、初期の飛田や羽山レベルと言ったところ
しかも最後のとどめはただの絞め技でした。

陸奥「怖い 怖いなぁ、まぁ怖いけど普通の技で十分」みたいな扱い

●立ったままおちた イグナシオ

たったまま気絶は、強そうなバロメーターですが
すでに同じ事を、異種格闘技編1回戦、第1試合で

キックボクサー竹海さんがやっています。

この試合は、飛田戦、羽山戦、竹海戦のいいとこどり?みたいな
感じで終了してしまいました。

試合を観戦していたグラシエーロのおじいちゃんは

神武館では陸奥には勝てんよ、組技のない空手ではな
みたいにいってましたが

組技上位勢と思われるラモンさんが、イグナシオに負けているので
このおじいちゃん、口だけは大きいなと僕は思いました

スポンサーリンク