ライジングインパクト、シャイニングロードも強い

ライジングインパクトに登場するギフトの一つ
シャイニングロード、その強さを確認していきます。

スポンサーリンク

■シャイニングロードも強い

ギフトにはいろいろありプライドスナッチ
ライジングインパクト、フォーリングスターとあるが

シャイニングロード自体はガチで強いです

シャイニングロードはパッティングをする時
ラインを光の道で照らす能力であり

この能力を身に付けているランスロットは
何かアクシデントが発生しない限り、全ての打球を1パットで沈めてきました

本人の飛距離は少したりてないのですが
この能力を使い、日本では負け無しの戦績を誇っています。

●シャイニングロードを使うランスロットさん

黒峰さんというシャイニングロードに近い類似能力
※僕はスネークロードと呼んでいますが

こちらの能力はラインが複雑になればなるほど複数のラインが見える技
例えば5本のラインが見えたとして、その中から正解を
選ばなければいけません

ところが、ランスロットのシャイニングロードは
まやかしも何もなく、1本の光の道なのでまよいなく
1パットでボールを沈めることができます

~風に影響を受けない、最強の技~

ライジングインパクトは風に影響される

フォーリングスターは風を使うことができるが
風のせいでミスをする可能性はある

だが、シャイニングロードはボールを転がすのだから
ゴルフにとって一番の敵である風の影響は受けない

※コースに障害物があった場合はこの限りではないけど

そして、進化したシャイニングロードは
グリーン上ではなく、コース上からもカップインまでの道のりが見える

現在、ランスロットが戦っているコースはパー5
残りの距離は70ヤードもある

ランスロットはアイアンでよせようとするが
あまりにも風がふいていたため

上げるのが無理なら転がすまでさ!とか言い出し
70ヤードのパッティングを行う

●読むんだ グリーンもフェアウェイまでも

そしてこのパッティング成功します。

もう、この能力を極めたら、200ヤードぐらいから
パッティングでチップインしちゃうんじゃないのか?

ライジングインパクトがコミックス40巻くらいまで続いていたら
もしかして300ヤードパッティング!!みたいな領域にまで
突入していたかもしれません

作中ではさすがに3桁ヤードを決めることはできないと本人が語っていました

ランスロット
「このパットを決められたのは残り70ヤードまでガヴェインが
飛ばしてくれたから」との事

~シャイニングロードが使えなくなったランス~

日本国内で、シャイニングロードが使えなくなった事例はないが
ランスロットはキャメロット杯でシャイニングロードが
使えなくなったことがある。

使えなくなった理由は実は王れんにあった

王れんは風を読む力を身に付けているゴルファー
ギフト、フォーリングスターに近い能力を持っている

風がふきあれるパー3で王れんは
フォーリングスターの擬似能力を使い、ホールインワンを決めた

トリスタンはあまりにも強すぎる為、トリスタンに少し劣る程度であれば
ランスロットもそれほどダメージを受けなかったと思う

だが、自分よりも格下に見ていた、王れんに負けたために
ランスロットはペースを狂わした

※上記説明だけだと、ランスは王れんに対して失礼すぎると思うけど

●そして、シャイニングロードが見えなくなる

残りの距離は5ヤードほどだ
5段グリーンに比べたら大したことない距離とラインだが

シャイニングロードが見えなくなり、動揺したランスは
パッティングをミスってしまった

彼の中でいかにシャイニングロードが大事であったかは言うまでもない

スポンサーリンク